*共感*より大切なことがあると3ステップで理解する方法。 *共感*崇拝に、もう一石(笑) より*共感*されるものがより素晴らし…

クレール・デゼール


*共感*より大切なことがあると3ステップで理解する方法。

*共感*崇拝に、もう一石(笑)

より*共感*されるものがより素晴らしい、という話が無反省にはびこっているように思います。

より*共感*されているかどうかは、販売部数、ダウンロード数、閲覧数といった数値に落とし込んで理解することができる。

「売れてるものが素晴らしい」といえば、ゴミのようなものが大人気になっていることに気づく、という経験は殆どの人にあるでしょうから、すぐに嘘だと判ってしまう。

そこに*共感*ということばをかぶせると、一気にもっともらしくなり、その陰で実質的には、売れ行きなどの数値を単に追うだけでいい。ビジネス、金儲けには、非常に都合がいいわけです。
より*共感*されるもの≒より売れてるもの、ということなので、要するに、金儲け至上主義で、全肯定されるわけです;)

結局*共感*という美名の皮をかぶったその実態は、
単なる*金・金・金*、カネ至上主義となんら違いないものになります。

しかし、より*共感*されるものがより素晴らしい、
といわれると、そこだけ見ると一見もっともらしく、これがおかしいということを確認するには、面倒でも、3ステップ程度の思考が必要になる(笑)

面倒ですが、ちょっとやってみましょう;)

例えば小説よりマンガのほうが多くの人に読まれる。
金儲けに都合のいい上記↑↑の混同をここに適用すれば、より多く売れるマンガのほうが、小説より*共感*されている、ということになります。

じゃあどうして人はマンガではなく、小説を書くのか。

ほんとはマンガが描きたかったけど、絵が下手だったから、というようなことも、もちろんある、と思います。
しかし大人になって、小説家になるような人の多くは、子どもの頃はコマ漫画も描いていて、少なくとも自分の小学校や中学校のその学年では、いちばん漫画を描くのが上手かった、というような人がかなりいるのではないか、と思います。
…少子化前の、6〜12クラスあった頃の学校でも、です;)

しかし、あるところからマンガではなく、もっぱら小説を書き始める、偶然とか、行きがかりといったこともあるでしょうが、
小説を選ぶのは、やはり小説のほうが面白かったから、
少なくとも、小説には、マンガではできないことがある、
マンガにはない面白さがある、
それに気がつき、その面白さに気づく、ということはあるでしょう。

つまりこの時点で、普通に、より数多くの人に受け入れられることよりもっとだいじなことある…と実は考えているわけです。
(この場合は「小説ならではの面白さ」がそれですね;)

では、小説を選んで、小説がマンガほど広く読まれないのは状況として事実だから、
マンガはちょっと横にのけて、小説という枠の中で、いちばん*共感*されるもの(≒いちばん売れているもの)が、いちばん素晴らしい、と考えればいいのでしょうか?
これは、殆んどナンセンスです。
そもそも、いちばん広く受け入れられる、*共感*される、数多く売れる、ということとはまた別の価値基準から、
そもそもこの例の場合、小説は存在しているわけです。
そこに*共感*至上主義の価値観を当てはめることは意味をなさない、
ビジネス、金儲けの都合以外何もない、トンチンカンな押し付け、ということになります。

…まぁ、この話は、他にもっといい説明が思い浮かんだら、また改めて書いてみることにしたい、と思いますが;)

というわけで、*共感*度外視で(笑)
上にクリップしたのはClaire Desertのマスター・クラス。
フランス語が判らないとどう感じるか、ちょっと判りませんが、ほんとにすてきだなぁ…と思います。。
(授業抜きの演奏はこちら。純粋に演奏のみを楽しみたい場合はもちろん、↑↑のマスタークラスの内容についてもワン・ポイント解説しておきました;)

近年クラシックは、もうレコード会社による大きなスタジオ録音の企画は不可能なので、新譜はオーケストラの自主制作や放送局のライヴ音源、小レーベルの低予算、器楽、室内楽ばかりが目につきますが、
音大で後進を育ててきたペダゴーグとしてむしろ知られる先生たちの録音も(収入目的でないので)いろいろ出てきて、中にはなかなか味わい深いものもあります。
彼女もパリの国立コンセルヴァトワールで長く教えている先生ですが、
今年のシューマン・アルバム、僕はほんとに好きでした。
特に幻想曲は、華麗な名演・名盤揃いですが、
なかなかしみじみいい演奏、というものが実は少ない、
そもそもこの幻想曲という曲自体の問題だと思うのですが(華麗な演奏は多いんだけど。。ということになってしまうのは)
そんななか、このクレール・デゼール盤は、久々に心温まる、本当にいい録音だった、と思います;)

Schumann - Claire Desert | hmv.co.jp

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/181166065685

*共感*より大切なことがあると3ステップで理解する方法。 *共感*崇拝に、もう一石(笑) より*共感*されるものがより素晴らし…

クレール・デゼール


*共感*より大切なことがあると3ステップで理解する方法。

*共感*崇拝に、もう一石(笑)

より*共感*されるものがより素晴らしい、という話が無反省にはびこっているように思います。

より*共感*されているかどうかは、販売部数、ダウンロード数、閲覧数といった数値に落とし込んで理解することができる。

「売れてるものが素晴らしい」といえば、ゴミのようなものが大人気になっていることに気づく、という経験は殆どの人にあるでしょうから、すぐに嘘だと判ってしまう。

そこに*共感*ということばをかぶせると、一気にもっともらしくなり、その陰で実質的には、売れ行きなどの数値を単に追うだけでいい。ビジネス、金儲けには、非常に都合がいいわけです。
より*共感*されるもの≒より売れてるもの、ということなので、要するに、金儲け至上主義で、全肯定されるわけです;)

結局*共感*という美名の皮をかぶったその実態は、
単なる*金・金・金*、カネ至上主義となんら違いないものになります。

しかし、より*共感*されるものがより素晴らしい、
といわれると、そこだけ見ると一見もっともらしく、これがおかしいということを確認するには、面倒でも、3ステップ程度の思考が必要になる(笑)

面倒ですが、ちょっとやってみましょう;)

例えば小説よりマンガのほうが多くの人に読まれる。
金儲けに都合のいい上記↑↑の混同をここに適用すれば、より多く売れるマンガのほうが、小説より*共感*されている、ということになります。

じゃあどうして人はマンガではなく、小説を書くのか。

ほんとはマンガが描きたかったけど、絵が下手だったから、というようなことも、もちろんある、と思います。
しかし大人になって、小説家になるような人の多くは、子どもの頃はコマ漫画も描いていて、少なくとも自分の小学校や中学校のその学年では、いちばん漫画を描くのが上手かった、というような人がかなりいるのではないか、と思います。
…少子化前の、6〜12クラスあった頃の学校でも、です;)

しかし、あるところからマンガではなく、もっぱら小説を書き始める、偶然とか、行きがかりといったこともあるでしょうが、
小説を選ぶのは、やはり小説のほうが面白かったから、
少なくとも、小説には、マンガではできないことがある、
マンガにはない面白さがある、
それに気がつき、その面白さに気づく、ということはあるでしょう。

つまりこの時点で、普通に、より数多くの人に受け入れられることよりもっとだいじなことある…と実は考えているわけです。
(この場合は「小説ならではの面白さ」がそれですね;)

では、小説を選んで、小説がマンガほど広く読まれないのは状況として事実だから、
マンガはちょっと横にのけて、小説という枠の中で、いちばん*共感*されるもの(≒いちばん売れているもの)が、いちばん素晴らしい、と考えればいいのでしょうか?
これは、殆んどナンセンスです。
そもそも、いちばん広く受け入れられる、*共感*される、数多く売れる、ということとはまた別の価値基準から、
そもそもこの例の場合、小説は存在しているわけです。
そこに*共感*至上主義の価値観を当てはめることは意味をなさない、
ビジネス、金儲けの都合以外何もない、トンチンカンな押し付け、ということになります。

…まぁ、この話は、他にもっといい説明が思い浮かんだら、また改めて書いてみることにしたい、と思いますが;)
ただ、今の世の中は、具体的には、実はもう、金儲けの都合でさえ動いていない、と思うんですよね。。
そのあたりのことも、またいずれ;)

というわけで、*共感*度外視で(笑)
上にクリップしたのはClaire Désertのマスター・クラス。
フランス語が判らないとどう感じるか、ちょっと判りませんが、ほんとにすてきだなぁ…と思います。。
(授業抜きの演奏はこちら。純粋に演奏のみを楽しみたい場合はもちろん、↑↑のマスタークラスの内容についてもワン・ポイント解説しておきました;)

近年クラシックは、もうレコード会社による大きなスタジオ録音の企画は不可能なので、新譜はオーケストラの自主制作や放送局のライヴ音源、小レーベルの低予算、器楽、室内楽ばかりが目につきますが、
音大で後進を育ててきたペダゴーグとしてむしろ知られる先生たちの録音も(収入目的でないので)いろいろ出てきて、中にはなかなか味わい深いものもあります。
彼女もパリの国立コンセルヴァトワールで長く教えている先生ですが、
今年のシューマン・アルバム、僕はほんとに好きでした。
特に幻想曲は、華麗な名演・名盤揃いですが、
なかなかしみじみいい演奏、というものが実は少ない、
そもそもこの幻想曲という曲自体の問題だと思うのですが(華麗な演奏は多いんだけど。。ということになってしまうのは)
そんななか、このクレール・デゼール盤は、久々に心温まる、本当にいい録音だった、と思います;)

Schumann - Claire Desert | hmv.co.jp

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: https://yuichihiranaka.tumblr.com/post/181166065685

クレール・デゼールの今年の新譜、シューマン、幻想曲は心温まる得難い演奏。 今年聴いた中では、いちばん気に入ったディスクの1枚、 …



クレール・デゼールの今年の新譜、シューマン、幻想曲は心温まる得難い演奏。

今年聴いた中では、いちばん気に入ったディスクの1枚、
今年のパーソナル・ベスト、2018年度《平中賞グランプリ》受賞作、
といっても過言はない。。(笑)
…詳細は、次のポストにて;)

同じくこちらはシューマン、旧譜に収録されていた、ダヴィッド同盟舞曲よりのインタープリテーション。。

次ポストにクリップしたマスタークラス、最後に話している通り、
この曲、最終音のトニックが、内声にそっと置かれることで、
ぎゅっと抱きしめるような効果を生む…という
彼女の解釈が、しみじみと味わえますね…;)

Schumann: Davidsbundlertanze | hmv.co.jp

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/181165961314

クレール・デゼールの今年の新譜、シューマン、幻想曲は心温まる得難い演奏。 今年聴いた中では、いちばん気に入ったディスクの1枚、 …



クレール・デゼールの今年の新譜、シューマン、幻想曲は心温まる得難い演奏。

今年聴いた中では、いちばん気に入ったディスクの1枚、
今年のパーソナル・ベスト、2018年度《平中賞グランプリ》受賞作、
といっても過言はない。。(笑)
…詳細は、次のポストにて;)

同じくこちらはシューマン、旧譜に収録されていた、ダヴィッド同盟舞曲よりのインタープリテーション。。

次ポスト*共感*より大切なことがあると3ステップで理解する方法。)にクリップしたマスタークラス、最後に話している通り、
この曲、最終音のトニックが、内声にそっと置かれることで、
ぎゅっと抱きしめるような効果を生む…という
彼女の解釈が、しみじみと味わえますね…;)

Schumann: Davidsbundlertanze | hmv.co.jp

SOURCE: https://yuichihiranaka.tumblr.com/post/181165961314

…というわけで、これが問題の、Mediumポスト(笑) もう当分、ショパンのバラード・アルバムについては何も書くつもりはなかった…



…というわけで、これが問題の、Mediumポスト(笑)

もう当分、ショパンのバラード・アルバムについては何も書くつもりはなかった。しかし、このアンスネスの新作は…
Les nocturnes délicieux s’intercalent entre les ballades. Un programme magique qui vous emporte.

…表題の通りで、メインのバラードの間にそっと挟まれた、真摯なノクチュルヌに思わず引き込まれ、やむなく、またしても、ショパンのポストを作ってしまいました。。(笑)

演奏自体も聴くことができますので、どうぞMediumでご覧ください!
↓↓

アンスネスのショパン・バラード集。でも間に挟まれたノクチュルヌが *じーん* とするほど素晴らしい.…. #新譜早耳

Leif Ove Andsnes - Chopin:Ballades & Nocturnes

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/178245056143

なんなんだ、このノリ、凄くない??。。 via Cristian Budu, Clara Haskil Prize 2013…

Cristian Budu


なんなんだ、このノリ、凄くない??。。

via Cristian Budu, Clara Haskil Prize 2013 | Chopin: Préludes, Op. 28 - XVI. Presto con fuoco - YouTube

ブラジルのピアニストらしいが、やっぱりブラジルのミュージカリテは凄いのか。。

Cristian Budu - Chopin & Beethoven amazon | hmv.co.jp


なにしろ、名前もブードゥ、ですから。。w

もう、踊り出すようです。。;)

**HPでこの春大ショパン特集をポストしたところなので、このディスクも紹介しないつもりでしたが、Mediumポストの関係で、急遽こちらにクリップしておきます**

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/178141054386

何故シューベルトにヴィデオ・クリップが必要か。 Why Schubert needs promotion video?…



何故シューベルトにヴィデオ・クリップが必要か。

Why Schubert needs promotion video? I’ll tell you why. — なぜかフランスでも日本でもほぼ無名、アメリカの21世紀型スター・ピアニスト、シモーヌ・ディナースティンに関する簡単なイントロダクション。

***Mediumポストより転載:全文はこちらをご覧ください!***

アマゾンのCDチャート、といえば(前回のポストW杯で狂喜乱舞のフランス-その時CDチャート1位はコルトレーンだった参照)

こちらはamazon.com、さすがに最高4位だったようだが、総合チャート(cbsnews.com)、クラシック・チャートではビルボードで堂々第1位を獲得した2007年のデビュー盤以来、アメリカでは新時代のスター・ピアニストとなったシモーヌ・ディナースティン Simone Dinnerstein 。ラジオで新譜が出ると紹介されていたので、ふとyoutubeもみてみたところ、2011年のアルバム、Something almost being saidのプロモーション・ヴィデオが目を引いた。

これはやはり、クラシック音楽のプロモーション・ヴィデオ、これまでに観た中では——そもそもそう数多くは作られていないにせよ!——最も素晴らしい仕上がり、といえるのではないだろうか:

Simone Dinnerstein - Something almost being said: Music of Bach and Schubert - EPK

…流れているのは、シューベルト。シューベルトの音楽が好きな人は、いまさらプロモーション・ヴィデオなどいらない、と思うかもしれない。しかしこれまであまりシューベルトのピアノ曲に興味がなかった、という人は、この映像をみて、その魅力に気づく、というようなこともあるかもしれない。

周知の逸話ではないか、とも思うが、フランスでも日本でも意外に有名ではないようなので、ディナースティン、そのビルボード1位のデビュー盤というのが自主制作、しかも演目はバッハのゴルトベルクだった、といえば、初耳なら「えーっ!」と驚く人も多いはず。

当然このデビューの経緯はいまや“伝説化”されつつあるが、これにはさらに先立つ伝説がある。そう、もちろんグレン・グールド、55年のデビュー盤だ。LP時代に不可逆的な影響を与えた1枚として、当時を知る人はいまだにその衝撃を語ろうとするし、より若い世代にもグールドを現代のカリズマティックなアイドル、アイコニックな存在と捉える人は少なくないのではないか。

いうまでもなく、このグールドのデビュー盤こそ、当時は地味な作品と思われていたゴルトベルクを颯爽と弾きこなし既成の印象を鮮やかに打ち壊したものだった。以来ゴルトベルクは人気曲になったが、全ての演奏がグールド盤と比べられることにもなり、結局81年にグールドが同曲を再録音して今日に至るまで、商業的な成功を収めたピアニストの中に、ことこの曲、またバッハのピアノ演奏に限っては、グールドの呪縛から逃れ得た者はひとりとしていない、といっても過言ではないだろう。

それだけでも、ゴルトベルクをデビュー盤に(しかも自主制作盤に!)選ばない理由はもう十分以上にある。NYTの当時の記事の書き出しが、そのあたりを巧くまとめている:

“大人になったらピアニストになりたければ、小さい時から始めなくてはいけない。ジュリアード音楽院を中退してはいけない。コンクールで優勝しなくてはいけない。30を過ぎて、マネージャーもいなくて、自分でお金を集めてレコードを録音してはいけない。そして絶対にニューヨークのデビュー・リサイタルのプログラムに、ゴルトベルクを選んではいけない。シモーヌ・ディナースティン、 34歳、彼女はそんなルール・ブックの全てにことごとく反することで、成功を掴んだ。

…まぁ、ざっくり訳、ですが;)

アメリカでは、一度失敗した人が成功を勝ち取る、という*物語*は、無一文から夢を叶えることやサヴァイヴァルなどと並んで、アメリカン・ドリームという社会的な“神話”を維持する上で不可欠なため、一クラシック・ピアニストという以上にディナースティンが特に大歓迎された、という部分はあっただろう。(ちょうど日本のニュースで、本当に*思い*が強かったからこそ、その*思い*が届いて実現が叶った、のかも…みたいなお話が、飽くこともなく日々churn outされているのと同じ、ですね;)

しかし、正確なことはたとえば上述のNYTの記事などを読んでいただくとよいのだが:Simone Dinnerstein—How Do You Move a Career Into High Gear? By Breaking the Rules—The New York Times

4歳の時ピアノを買って欲しいというが、父親は画家で音楽に疎く、代わりにリコーダーを貰い、結局ピアノを始めたのは7歳と、プロになるには致命的に遅く、中学の時ロンドンでいいピアノの先生に出会うが遠くに行くには若すぎると反対され、18で結婚してジュリアード音楽院も中退、コンクールを受けれど通らず、ピアノを教えながら老人ホームや刑務所で演奏し、ついにオーディションに通ってデビュー・リサイタルを開ける話になったのに妊娠に気づいて子育てを選択、そこからグールドの演奏で好きになったゴルトベルクを自分なりに勉強し始め、小学校教師の夫や犬と暮らしながら、出産後、家族や友人からカンパを集め、自費でレコーディング、自主デビュー・コンサート…

彼女の人生の“あらすじ”を、ここでこうざざっとまとめておいたのは、そんな全てが、上のプロモーション・ヴィデオに詰め込まれているから。

最初からもう一度見てみてください。ピアノと息子の笑顔に始まり、画家のお父さんもいる、お母さんもいる、子どもの頃からの写真、夫もいる、家族の歴史があり、笑い声が聞こえ、そして最後に再び、音楽を生み出す彼女のchubbyな両手に帰っていく…

結果的に、たとえパラテクストを知らなくても、十分感動的な映像になっているのではないだろうか。

 ・ ・ ・

さて、肝心の音楽、だが;)

まずこれまでゴルトベルクをほとんど聴いたことがない、どこかで聴いたことがあるかなぁという程度、という人は、普通にいきなり、その問題のデビュー盤

Simone Dinnerstein — Goldberg Variation

これを聴いたらいいと思う。

またバッハが大好き、好きな音楽はゴルトベルク!!という人も、じゃあさらにもう1枚どうですか?ということで、素直にこのデビュー盤を真っ先に聴いてみるといいだろう。

しかしあるいは問題なのは、むしろある程度のレフェランスはあるが、バッハ・マニア、ゴルトベルクの大ファン、というわけではない場合。

いきなり「いやー、ゴルトベルクの新しい録音があるんだよ」とかいわれても、やや腰が重いのではないだろうか。だって、何しろゴルトベルク。 *名盤*なら、もういっぱい聴いたよ、というのが率直な心境、だろう。

そこでひとつ提案だが(笑)…

***続きはMediumへ!!***

Simone Dinnerstein — Bach: Inventions & Sinfonias CD | mp3

Something Almost Being Said: Music of Bach and Schubert

#クラシック

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/177161848196

#新譜早耳 :…



#新譜早耳 : これはまた、全然違ったラフマニノフ。フレーズ感、アーティキュレーションが違う、というのもあるが、全然違った声部も聴こえる…哀愁綿々たる、というラフマニノフを求める人には駄目かもしれないが、僕は結構新鮮で面白い。ウィッシュリスト入りは当確です :p https://amzn.to/2t0PrCm

Serge Rachmaninov : Concerto n°3 en ré min op 30 et Variations Corelli NAXOS
Boris Giltburg, piano
Orchestre Royal National Ecossais
Carlos Miguel Prieto, direction

#新譜ガイド #新譜早耳 #早耳小耳 はtwitter @yuichihiranaka で不定期にポストしております;)

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/175106209437

Hydraulic Press | Stack of CD’s | 80pcs. [video]





Hydraulic Press | Stack of CD’s | 80pcs. [video]

SOURCE: http://gifsboom.net/post/144060444324

Erasing a CD with 240,000 volts. [video]



Erasing a CD with 240,000 volts. [video]

SOURCE: http://gifsboom.net/post/132351035184