Francis Lai, le 26 avril 1932 – le 7 novembre 2018. R.I.P….



Francis Lai, le 26 avril 1932 - le 7 novembre 2018.

R.I.P.

Un homme et une femme -> http://amzn.to/2QrDejG

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/180059834761

Stunning Black & White Pictures Of Yhe Louvre And Its Visitors From Between The 1960s And 1990s

Very patiently with a camera in his hand the Brazilian photographer Alecio de Andrade manages to capture incredible pictures of the visitors of the Louvre. He has been making these pictures for almost four decades. What is the relation between these three scenes? All three of them are moments captured in the halls of the most famous museum in the world – the Louvre. Moments...

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2018/11/stunning-black-white-pictures-of-yhe-louvre-and-its-visitors-from-between-the-1960s-and-1990s/

La foudre parisienne … la nuit de Saint Michel…



La foudre parisienne … la nuit de Saint Michel ;)

パリだと、2、3年に一度はある、という感じの派手なorage、見事な雷の一夜。

日本では見たことがありませんでしたが、真横や、下から上へ走ったり、爆弾のようにばーんと爆発したり。。

この雷から、ドラゴンを思いつくのは…わりと自然ではないか、と思います;)

Les orages ne faiblissent pas à Paris https://www.bfmtv.com/mediaplayer/video/les-orages-ne-faiblissent-pas-a-paris-1079361.html

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/174433527011

Palace、といえば、私人として初めてパリに戻ってきたバラク・オバマ。 8区のホテル、というのでどこだろう、と思ったのですが、 …



Palace、といえば、私人として初めてパリに戻ってきたバラク・オバマ。
8区のホテル、というのでどこだろう、と思ったのですが、
昨夜投宿したのは、どうもここ、みたいですね;)

Hyatt Paris Madeleine

8区とはいえ、物々しいクランド・ホテルではなくて、
さすがにアメリカ系ですが、一般人が予約しても不自然じゃない、
わりあいに気取らない、サンパなチョイスではないか…と思います;)

プロモ・ヴィデオもありました:

立地としては、こちらになります:

それでは、いつものようにご予約はこちらから…;)
ハイアット パリ マドレーヌ Hyatt Paris Madeleine
24 Boulevard Malesherbes 75008 Paris +33 1 55 27 12 34

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/168109955461

プラザ・アテネのファサード。 こういうふうに、ふつうに真正面から写した写真は、意外に見ないような。。 © Photo par…



プラザ・アテネのファサード。
こういうふうに、ふつうに真正面から写した写真は、意外に見ないような。。

© Photo par Alexander Baranov

Du 18 au 22 novembre 2017
Gagnez votre tea time au Plaza Athénée en écoutant Musique Matin ce samedi
Ce samedi 18 novembre, et à plusieurs reprises cette saison dans Musique Matin (samedi), Clément Rochefort vous convie à un “tea time” à l’hôtel Plaza Athénée, avenue Montaigne, à Paris, tout près du théâtre des Champs-Elysées et de la Tour Eiffel, le temps d’une après-midi de votre choix.

Adresse Haute Couture, Le Plaza Athénée incarne la légende de la couture parisienne, notamment au travers de son histoire avec la maison Christian Dior. Le Palace accueille d’ailleurs le seul Dior Institut d’Europe.

…Palace(パラース)と認定されるパリの最高級ホテルのひとつですが、そのわりにrdc(1階)のパブリック・スペースなど、比較的気楽に入れる感じもあります。
そういうところがアメリカ人の好みには合うのでしょう、ハリウッド映画の舞台としても選ばれています;)

エントランスとは別の入口のある1階のバーはなかなかサンパな印象だし(貸切になっているかもしれませんが…)
中庭もロマンティック;)

立地としてはモンテーニュ、往時のフォーブル・サントノレに次ぐかたちの高級ブティック通りとして有名ですが、
クラシック音楽ファンには有名な、シャンゼリゼ劇場も並びです。

地図を縮小して見ていただくとわかると思いますが:

エントランスを出て、パッと右手を見ると、まっすぐ先にエッフェル塔が見えます。
そこをそのまま場面にしているのが、この1作でした:

Something’s Gotta Give

dvd | prime

…僕の旧ヴァージョンのオフィシャル・サイト、
ロマンティック・コメディー映画レヴューでは
★★★★としていましたね。。
(こちら:Here is the tricky part.

ではご予約は、こちらからどうぞ…
オテル プラザ アテネ Hôtel Plaza Athénée
25 Avenue Montaigne 75008 Paris +33 1 53 67 66 65

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/168008429731

今年は特にコメントすることもないか、と思っていたのですが。。 これ、フランスではプラチナ・ヒットになったという、Stacey…



今年は特にコメントすることもないか、と思っていたのですが。。

これ、フランスではプラチナ・ヒットになったという、Stacey Kentのアルバム、
何度か書いたことですが、フランスではヴォーカル・ジャズなんかも、生きた、大人のポップ音楽として、結構人気を保っています;)

パリのジャズ局からもよく流れており、このように、お薦めしたこともありました。。:

おすすめ・ヴォーカルジャズ、2009 ~心地いい感じ、新しい感じ

歌詞は妙に可愛いんだけどなぁ。。などと思ってはいたのですが、
全く気づいておりませんでした、
作詞、Kazuo Ishigro、でしたね。。

こちらもしかり。。

遅ればせながら、慶祝ノーベル文学賞、ということで;)
アルバムは、こちら…


Stacey Kent - Breakfast On The Morning Tram

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。
作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/166778267871

ウディ・アレンをみながら、ふと考えた。 ロリコンって、いいよなぁ:世界に少女たちのいる限り、未来に希望はあるのだから…;)…



ウディ・アレンをみながら、ふと考えた。
ロリコンって、いいよなぁ:世界に少女たちのいる限り、未来に希望はあるのだから…;)

…しかしこれは、ほんとに楽しい作品。
0時の鐘が再び鳴ると、現代のパリにも奇跡は起こる、ってことなわけよね(笑)

Midnight in Paris

(Source: https://youtu.be/FTseyjEt4Ho)


yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。

…既にフォロー済みですか? では、よろしければこちらのスポンサーサイトをご覧下さい;)

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/156889024877

Ahmad Jamal à la Maison de la Radio en 1971 écouter en…



Ahmad Jamal à la Maison de la Radio en 1971

écouter en meilleurs sons sur

https://www.francemusique.fr/emissions/les-legendes-du-jazz/ahmad-jamal-la-maison-de-la-radio-en-1971-30481

…こちらのほうが、音は良いかも。

結構なものですので、ジャズピアノがお好きな方はぜひ。

↑↑のfrancemusiqueのサイトでは、最後にパリのジャズ局では非常にお馴染み、Ahmad Jamal愛奏曲、Poincianaの佳演も収められております;)

Ahmad Jamal Trio - Complete Live At The Pershing Lounge 1958 + 1

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/154675530848

Photo



SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/151469094932

ピアフを、1年に1度だけ。 Edith Piaf – Hymne à l’amour via…



ピアフを、1年に1度だけ。

Edith Piaf - Hymne à l'amour via https://youtu.be/chf1hqzpOYI

…というわけで、Hymne à l'amour。
まさに名曲中の名曲、典型的に“聴くと減る”ので、“常日頃は聴きたくない1曲”、なわけですが。。(笑)
この曲もまた、フランス語が判るようになってから改めて聴いてみて、
うーむ。。と、思いっきり唸った1曲です:

“あの青空が落ちてこようと、この大地が崩れ行こうと
そんなことどうだっていい、あなたが私を愛すなら”

…と始まるのはさすがに非フランス語話者でもご承知、なわけですがw
(仮に僕が訳詞家なら、冒頭足掛け9小節は、たとえば:
“青空が崩れ落ち、この地が砕けても
 平気よ、あなたの愛があるなら”
…というあたりか?;)

中間部、マイナーの別パターンになった、その最後、

“祖国も裏切る、友達も見捨てる、あなたがやれというなら
人はさぞ笑うでしょう、私は何でもやる、あなたがやれというなら…”

と結んで、転調、
再びメジャーに、冒頭と同じ主題に戻るところ。
じつはここにいちばんの*泣かせどころ*があるわけで…;)

“…いつの日か、人生があなたを私から引き剥がそうと
あなたが死んで、遠く離れ去ろうと
そんなことどうだっていい、あなたが私を愛すなら
私も死ぬから”

…と落とす。
ここ、この感じがフランス語が判らなかった時には判らなかったわけです。
あとはそのまま、たたみかけるよう、もう一度同じメジャーのメロディーを繰り返し

“私たちには私たちの永遠がある
あの広大な青の中、
空では、もはや困難はない、
恋人よ、あなたは私たちの愛を信じる?”

(…とあくまで仮に散文的に訳し・笑)最後は

“神はひとつにする。愛し合う者たちを。”

と、きっぱりと謳い切る、まさに愛への讃歌。なわけです。

1年に1度だけ。。がもし多すぎる、としたら、
人生のある局面においてだけ、
ピンポイントで、やはり聴き続けたい1曲です;)

#porte ouverte


Edith Piaf - Limited Edition


yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。

…既にフォロー済みですか? それではGoogle提供のクリック広告をどうぞ(応援、よろしく!;)

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/134332336116