Michel Legrand, le 24 février 1932 – le 26 janvier…



Michel Legrand,
le 24 février 1932 - le 26 janvier 2019.

ミッシェル・ルグランは、このアルバムが出た際に、レコード店のイヴェントに見に行きTernesのfnacです;)

その時ふとRER、Châtelet - Les Halles駅で見たミュージシャンのことを思い出し、巨匠ルグランと、メトロの無名のアーティスト、という話を書いてみたい、ずっと思っていたのですが、
なかなか繊細な話でもあり、
そもそもネットに載せて読み飛ばしてもらうようなものでもないので、そのまま、書かずじまいになっていました。。

とにかくもう、どんどん人が死ぬのはやめていただきたい、
それが僕の、偽らざる、心の叫び、
少なくとも、訃報に気づくと、こうしてその日の予定は崩壊、です(笑)

…というわけで、僕の見たあの日のルグランの話など、リリカルな部分は全部諦め、最低限、このアルバムについてのコメントを何点かだけ…;)

まずは、こちらから:

Natalie DESSAY - Patricia PETIBON “Chanson des jumelles”

ご存知、Les Demoiselles de Rochfortロシュフォールの恋人たちdvd)より:

僕の世代のフランス好きの女のコたちは、みんな見てたくらいのものなので(笑)この上詳しい説明は省きますが、

カトリーヌ・ドヌーヴと本作公開年に亡くなった実姉フランソワーズ・ドルレアックの共演作。ニース国際空港へ向かうルノー10運転中の事故、といわれていますが、

この姉・弟を失う、という共通の伝記的経験が、

Elle s'appelait Françoiseに序文を寄せたノーベル賞作家パトリック・モディアノとドヌーヴの親交の基礎にあるとされています。

Catherine Deneuve et Patrick Modiano, Elle s'appelait Françoise

…いうまでもなく、ルグラン音楽ジャック・ドゥミ監督ドヌーヴ主演の大ヒット作シェルブールの雨傘dvd)に続くミュージカル作品。

このアルバムのシンガーNatalie Dessayはかつてコロラトゥーラの名手として日本でもオペラ・ファンにその名を轟かせていたし、
こちらも僕が実際に見た感じ、
またそれ以前に、フランス語が判るようになってインタヴューで話しているのを聞くとガラガラと印象が変わってしまった、といった、その辺りのことも、今回のところは措くとして;)

↑↑のデュエットで共演しているパトリシア・プティボンについてのみ付言しておくと、
自分の妹みたいなもの、とナタリー・ドゥッセもいってたくらいで、レバトワに重なるところも多く、フランスではスター、
1度バスティーユで実演も見たことがあるが、Les Contes d'Hoffmannのオランピア役で、当時妊娠中だったらしく、
そんなゴシップに疎い僕は、
。。オランピアが、妊娠。。うーむ、いったいこの演出の意図は。。??
とフロイト的な迷路を軽くさまよった記憶アリ(笑)
覚えておいていい歌手、と思う。

冒頭のヴィデオ↑↑で、6歳の頃の夢は、カトリーヌ・ドヌーヴになることだった、といっているドゥッセ。
妹分と目するプティボンとの共演では、結局姉のフランソワーズ・ドルレアックのパートを歌っているところも、ちょっと面白いですね:

さて、このアルバムには
Les Parapluies de Cherbourgほかなどからの有名な曲も収められているが、 僕としてはぜひ聴いてみてほしいのが、まず:

La valse des lilas

中間部からのスキャットシンギング。
よくフランスがステキ、パリがステキ!という人がいるけれど、
こういうのを聴くと、ああ、なるほど、
フランスがステキ!って、多分こういう感じのことをいってるのかなぁ。。
と思ったりもする(笑)

冒頭ヴィデオ↑↑のレコーディング風景からも判るように、昔ながらの1発どり式の、時代がかった豪勢な録音スタイルを取っている、と思われ
また、youtubeに数多上がっている二人共演のライヴ・ツアーなどの映像を見ても、
ルグランのスキャットは、ほんとに弾き語りで録っているのだろう。
昔のジャズのシンガー/ピアニストはよくやっていたけれど、
機械頼みの最近のミュージシャンには、まず絶対に真似できない、
本当に、飛び離れた音楽性、ミュージカリテを持つミュージシャンしかプロにはなれなかった、
もう二度と帰ることのない、往時のレヴェルのものすごさが偲ばれる。。

そして最後に、初めてこのアルバムを聴いた時、
パリ市の図書館で借りてきて、レファランスとして参考までに、ながらでざーっと聴き流すだけ、のつもりだったのに、
ガツンと掴まえられて、そこからえんえん、無限リピートに入ってしまったのがこの1曲:

Paris Violon

古今に街を歌った名曲は多いが、
その街の人々やその精神でも、
その街に生きるライフスタイルや感覚、価値観でもなく、
こんなふうに、街そのもの、それ自体に対する愛を歌い上げた曲、
というのはちょっと他にないのではないか。
やはり、パリならでは、というか、
そこに暮らす人でもないし、その街での暮らしぶりでもない。
ただ、ひたすらにパリという街それ自体に対する、説明不可能な、底知れぬ深い愛を改めてしみじみ噛みしめることができ、
思わず涙が浮かんでくる。

日本人、日本語話者に生まれて、多分いちばん素晴らしいことは、
思いやりの心やおもてなし等が判るからではなく(笑)
源氏を読むことができること。
源氏を読んでいると、そう思う。
こういうと、大げさに聞こえるかとは思うが、
それと同じような意味で、
この歌のフランス語が、自然に、順番に、
しみじみと心に入ってくる時、
ああ、本当に、フランス語を勉強して、よかったなぁ。。
と、何度聴いても、そう思う。

Michel Legrand, Natalie Dessay - Entre elle et lui

#フランス語

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/182421593796

Michel Legrand, le 24 février 1932 – le 26 janvier…



Michel Legrand,
le 24 février 1932 - le 26 janvier 2019.

ミッシェル・ルグランは、このアルバムが出た際に、レコード店のイヴェントに見に行きTernesのfnacです;)

その時ふとRER、Châtelet - Les Halles駅で見たミュージシャンのことを思い出し、巨匠ルグランと、メトロの無名のアーティスト、という話を書いてみたい、ずっと思っていたのですが、
なかなか繊細な話でもあり、
そもそもネットに載せて読み飛ばしてもらうようなものでもないので、そのまま、書かずじまいになっていました。。

とにかくもう、どんどん人が死ぬのはやめていただきたい、
それが僕の、偽らざる、心の叫び、
少なくとも、訃報に気づくと、こうしてその日の予定は崩壊、です(笑)

…というわけで、僕の見たあの日のルグランの話など、リリカルな部分は全部諦め、最低限、このアルバムについてのコメントを何点かだけ…;)

まずは、こちらから:

Natalie DESSAY - Patricia PETIBON “Chanson des jumelles”

ご存知、Les Demoiselles de Rochfortロシュフォールの恋人たちdvd)より:

僕の世代のフランス好きの女のコたちは、みんな見てたくらいのものなので(笑)この上詳しい説明は省きますが、

カトリーヌ・ドヌーヴと本作公開年に亡くなった実姉フランソワーズ・ドルレアックの共演作。ニース国際空港へ向かうルノー10運転中の事故、といわれていますが、

この姉・弟を失う、という共通の伝記的経験が、

Elle s'appelait Françoiseに序文を寄せたノーベル賞作家パトリック・モディアノとドヌーヴの親交の基礎にあるとされています。

Catherine Deneuve et Patrick Modiano, Elle s'appelait Françoise

…いうまでもなく、ルグラン音楽ジャック・ドゥミ監督ドヌーヴ主演の大ヒット作シェルブールの雨傘dvd)に続くミュージカル作品。

このアルバムのシンガーNatalie Dessayはかつてコロラトゥーラの名手として日本でもオペラ・ファンにその名を轟かせていたし、
こちらも僕が実際に見た感じ、
またそれ以前に、フランス語が判るようになってインタヴューで話しているのを聞くとガラガラと印象が変わってしまった、といった、その辺りのことも、今回のところは措くとして;)

↑↑のデュエットで共演しているパトリシア・プティボンについてのみ付言しておくと、
自分の妹みたいなもの、とナタリー・ドゥッセもいってたくらいで、レバトワに重なるところも多く、フランスではスター、
1度バスティーユで実演も見たことがあるが、Les Contes d'Hoffmannのオランピア役で、当時妊娠中だったらしく、
そんなゴシップに疎い僕は、
。。オランピアが、妊娠。。うーむ、いったいこの演出の意図は。。??
とフロイト的な迷路を軽くさまよった記憶アリ(笑)
覚えておいていい歌手、と思う。

冒頭のヴィデオ↑↑で、6歳の頃の夢は、カトリーヌ・ドヌーヴになることだった、といっているドゥッセ。
妹分と目するプティボンとの共演では、結局姉のフランソワーズ・ドルレアックのパートを歌っているところも、ちょっと面白いですね:

さて、このアルバムには
Les Parapluies de Cherbourgほかなどからの有名な曲も収められているが、 僕としてはぜひ聴いてみてほしいのが、まず:

La valse des lilas

中間部からのスキャットシンギング。
よくフランスがステキ、パリがステキ!という人がいるけれど、
こういうのを聴くと、ああ、なるほど、
フランスがステキ!って、多分こういう感じのことをいってるのかなぁ。。
と思ったりもする(笑)

冒頭ヴィデオ↑↑のレコーディング風景からも判るように、昔ながらの1発どり式の、時代がかった豪勢な録音スタイルを取っている、と思われ
また、youtubeに数多上がっている二人共演のライヴ・ツアーなどの映像を見ても、
ルグランのスキャットは、ほんとに弾き語りで録っているのだろう。
昔のジャズのシンガー/ピアニストはよくやっていたけれど、
機械頼みの最近のミュージシャンには、まず絶対に真似できない、
本当に、飛び離れた音楽性、ミュージカリテを持つミュージシャンしかプロにはなれなかった、
もう二度と帰ることのない、往時のレヴェルのものすごさが偲ばれる。。

そして最後に、初めてこのアルバムを聴いた時、
パリ市の図書館で借りてきて、レファランスとして参考までに、ながらでざーっと聴き流すだけ、のつもりだったのに、
ガツンと掴まえられて、そこからえんえん、無限リピートに入ってしまったのがこの1曲:

Paris Violon

古今に街を歌った名曲は多いが、
その街の人々やその精神でも、
その街に生きるライフスタイルや感覚、価値観でもなく、
こんなふうに、街そのもの、それ自体に対する愛を歌い上げた曲、
というのはちょっと他にないのではないか。
やはり、パリならでは、というか、
そこに暮らす人でもないし、その街での暮らしぶりでもない。
ただ、ひたすらにパリという街それ自体に対する、説明不可能な、底知れぬ深い愛を改めてしみじみ噛みしめることができ、
思わず涙が浮かんでくる。

日本人、日本語話者に生まれて、多分いちばん素晴らしいことは、
思いやりの心やおもてなし等が判るからではなく(笑)
源氏を読むことができること。
源氏を読んでいると、そう思う。
こういうと、大げさに聞こえるかとは思うが、
それと同じような意味で、
この歌のフランス語が、自然に、順番に、
しみじみと心に入ってくる時、
ああ、本当に、フランス語を勉強して、よかったなぁ。。
と、何度聴いても、そう思う。

Michel Legrand, Natalie Dessay - Entre elle et lui

#フランス語

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: https://yuichihiranaka.tumblr.com/post/182421593796

ラジオのモディアノ

« On ne peut pas ne pas être un homme du présent quand on est romancier. » #PatrickModiano...

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/166910106287

パトリック・モディアノ、ノーベル賞受賞スピーチ, le 7 déc….



パトリック・モディアノ、ノーベル賞受賞スピーチ, le 7 déc. 2014 :

「人生は、その時微かな光を放ちはじめる。」

Photo Patrick Modiano accepts Nobel prize, confident of literature’s future theguardian.com

…遅くなってしまいましたが、去る12月7日にスウェーデン、ストックホルムで行われた、M. モディアノ、ノーベル賞受賞のスピーチ。
全文のトランスクリプションはこちら
*というか映像↓↓と対応していない箇所もあるので、トランスクリプションではないように思いますが…;)

Verbatim : le discours de réception du prix Nobel de Patrick Modiano mobile.lemonde.fr

そして、映像がこちら、です。

Streamed live on Dec 7, 2014 The 2014 Nobel Prize in Literature lecture will take place at Svenska Akademien in Stockholm, Sweden at 17:30, Sunday 7 December. youtu.be

…非常にゆっくり読まれていますし、テクストを見ながら、フランス語の聞き取りの練習にもいいかもしれません。
でもそれ以上に、いや、これは何とも胸に迫る、touchantなディスクールですね。。何度もホロッとしました;)

訳そうか、ともちょっと思ったのですが、川端のノーベル受賞スピーチ(『美しい日本の私』)なんていまでも立派に書籍として売られているくらいですから、 勝手に訳したりしちゃいけないんでしょうね、やっぱり。。w

フランス語だと sobre 、というでしょうけど、まったく派手な効果を狙うことなく、ただ、ひたすら謙虚に世界を見つめることの向こうに自らの文学を位置づけるものですが、
はっきりいって、いまの日本の作家で、ここまで虚飾なく、率直でしかも内容あるスピーチのできる人、といえばだれがいるでしょうか。。その上、けっこうふつうに面白い(笑)

プルーストやヒッチコック(!)のみならず、永井荷風にまで言及があったのには驚きました。しかも、バルザック、ディッケンズ、ドストエフスキーと並べ、もっとも偉大な小説家の一人、といっています。(35分あたり)

「ふらんす」2015年1月号モディアノ特集に僕が書いたことは、みんな、さらにクリアに、遥かに素晴らしく、
本人のことばでここにいい表されています。

…というか、自分はいつも作家の伝記を読むことを躊躇う、という話から、著書を読むことだけが作家の内側に入らせてくれ、そこで作家は静かに彼の声で語り出す、というようにもいっています;)(24分台終わりより)

…訳すわけにはいきませんが、1箇所だけ(笑)簡単に、大意をご紹介させていただきましょう、やっぱり;)

私はいつも、詩人と小説家は《謎》を与えるものだと思ってきました。日常生活のなかに飲み込まれているような存在、一見ありきたりなものごとに。
そしてそれは、一貫した注意力で、ほとんど魅せられたように、 飽くこともなくそれらを見つめ続けることによって、なのです。そんな作家のまなざしのなかで、当たり前の人生は、遂には《謎》に包まれる。そして微かな光を放ちはじめる。一見したところでは判らなかった、でもその奥底に隠されていた光です。

(22分台終わりより。このポストのタイトルは、この部分から採りました。)
…この奥底に隠れている《リアリティ》を明るみに出し、膨大な忘却という白紙のページにわずかなりとも刻んでいく。それが小説家の仕事だ、とM. モディアノはいうのです。

P. モディアノ『失われた時のカフェで』 ノーベル賞記念特別エディション出来!(第四版) 50ページの書き下ろしオリジナル・モディアノ論を併録、入門にも好適!

パトリック・モディアノのページ、
Modiano Japon はこちら。

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/105888058366

L’académie suédoise a récompensé le romancier français…



L’académie suédoise a récompensé le romancier français Patrick Modiano pour « l’art de la mémoire avec lequel il a évoqué les destinées humaines les plus insaisissables et dévoilé le monde de l’Occupation ».
- Le Figaro, le 10 octobre 2014.

…どうしてさっさと思いつかなかったのか、という話もありますが。。(笑)
必要に気づいて、モディアノ、ノーベル文学賞授賞の際に出されたスウェーデン・アカデミーの評価をフランス語から和訳してみました。(Modiano Japonにも掲載)

仏文は、上記引用の通りです。短いものですから、少し細かく見てみましょう。

まず「記憶の芸術」(は、まぁいいとして;)を手段として、
日本語的に用言中心に捉えると、彼の成したことはふたつ:
呼び起こしたこと;
明るみに出したこと。

このふたつの間には、考えてみれば、そうともいえる、という程度の緩やかなconséqenceが存在していることは確かです。そこを日本語の「また」で捉えます。

次に彼が呼び起こしたものは、人間たちの運命(複数)の総体で、で、その人間たちの運命とはどういうものなのか、といえば、最も捉えどころのない運命、であって;
最も捉えどころのないような、そういった類いの人々の運命、ではないでしょう。
つまり、「人間たちの」も「捉えどころのない」も「運命」に懸かっており、
「捉えどころのない」が「人々の運命」に懸かっているわけではない、と思うわけです;)

最後に大文字の「l’Occupation」は第二次世界対戦のナチスによるフランスの占領を指す、いわば、固有名詞です。

そこで、僕訳としては、こうなりました:

「その記憶の芸術で、彼は人間のもっとも捉え難い運命の全てを呼び起こし、またナチス占領期の世界を明るみに出した」

…こう読むと、いかにもモディアノの文学に対する適切な評価だ、という気がしてきませんか?;)

…Voilà.

(Photos: http://www.biendateao.com/patrick-modiano-gana-el-nobel-de-literatura/ ; http://www.tribunejuive.info/temoignage/lettre-de-patrick-modiano-a-serge-klarsfeld-mai-1978 )

平中悠一 最新刊:P. モディアノ『失われた時のカフェで』 ノーベル賞記念特別エディション出来!(第三版) 50ページの書き下ろしオリジナル・モディアノ論を併録、入門にも好適!

パトリック・モディアノのページ、
Modiano Japon はこちら。

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/104484931365

祝・ノーベル文学賞!Portraits de P. Modiano*モディアノ・ポートレイト集:)- vol. 2 (oct….



祝・ノーベル文学賞!Portraits de P. Modiano*モディアノ・ポートレイト集:)- vol. 2 (oct. 2014)

Félicitations, Monsieur Modiano ! Prix Nobel de littérature 2014.

…M. モディアノのめでたい2014年ノーベル文学賞受賞を機に、3年ぶりに画像検索をかけましたので、ぱっと目についたところで、気に入った画像をクリップしておきます;)
( Ci-dessus, via http://triunfo-arciniegas.blogspot.fr/2014/10/patrick-modiano-nobel-de-literatura-2014.html?m=1 )
Vol. 1はこちら



http://www.lefigaro.fr/livres/2012/09/28/03005-20120928ARTFIG00665-modiano-parle.php



http://m.gafin.vn/20141014105430751p64c69/patrick-modiano-ngoi-sao-chi-sang-o-phap.htm



http://www.voxweb.nl/wp-content/uploads/2014/10/Modiano_Patrick-photo-J-Sassier_1c-Editions-Gallimard.jpg via http://www.voxweb.nl/drie-redenen-om-patrick-modiano-te-lezen/



http://www.rtvslo.si/kultura/knjige/svezepeceni-nobelovec-zacuden-nad-nagrado/348349



http://m.elle.fr/Personnalites/Patrick-Modiano



http://breizatao.com/2014/10/12/prix-nobel-de-litterature-les-obsessions-de-lecrivain-juif-patrick-modiano/



http://m.nouvelobs.com/article/20120926.OBS3589/modiano-echenoz-la-rencontre.html#https://www.google.fr/



http://blogs.elpais.com/bulevares-perifericos/2013/01/misterioso-modiano.html/



http://www.rtl.fr/culture/arts-spectacles/laissez-vous-tenter-livre-l-herbe-des-nuits-de-patrick-modiano-7771225032



http://ex-libris.over-blog.com/m/article-51337233.html



http://www.bloguluotrava.ro/patrick-modiano-a-primit-premiul-nobel-pentru-literatura-pe-anul-2014/



Patrick Modiano avec Françoise Hardy, au bois de Boulogne, en 1969. via http://www.lefigaro.fr/livres/2012/01/17/03005-20120117ARTFIG00748-francoise-hardy-modiano-paraissait-desincarnedistrait.php



http://arte.linio.com.mx/noticias-eventos/modiano-el-escritor-solitario-gana-el-premio-nobel-de-literatura/



http://lereseaumodiano.blogspot.fr/p/reperes-biographiques.html?m=1



…これなんか、«奇妙な時空の世界を描く、イタリア系の文学者»、という感じですね、なんとなく。。;)
http://www.aufait.ma/2014/10/09/patrick-modiano-nobel-litterature-2014_631164



…『困るよ、君。。』
http://araucaria-de-chile.blogspot.fr/2014/10/entretien-evec-patrick-modiano.html?m=1


…P. モディアノ近影集Vol. 1(2011)はこちら

P. モディアノ『失われた時のカフェで』 祝・2014ノーベル文学賞受賞、増刷決定!!
平中悠一訳、フランス最新のモディアノ研究を踏まえた50ページの書き下ろしオリジナル・モディアノ論を併録。

パトリック・モディアノのページ、
Modiano Japon はこちら。

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/100243362340

Félicitations M. Modiano ! :) #Paris #kiosk #une #Modiano…



Félicitations M. Modiano ! :) #Paris #kiosk #une #Modiano #PatrickModiano #Nobel #prixNobel #litterature #canon #PowerShot #PowerShotN #vscocam

via instagram @yuichihiranaka http://instagram.com/p/t9usyUyEGL/

…ご覧のとおり、Libération、Le Figaro紙のほか、やや小さくですが、Le Parisien/Aujoud’hui en Franceの一面を飾っています。

とりあえず、僕は最初の二紙を買いましたが、 このふたつを同日に買ったのは、生まれて初めて、かもしれません。。 …ちょっとだけ、タイガース・ファンの気持ちが判ったような気もします;)

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/99632868691