Take a Supercharged 500HP BMW Engine, Strap it Onto a Quad, and You Have the Beastly Lazareth Wazuma Bio V12

Lazareth Wazuma Bio V12

Unlike the Ferrari-powered model, the Lazareth Wazuma Bio V12 is not only fast, but eco-friendly as well. You read that right, they managed to strap a supercharged BMW V12 engine onto one of their custom quads. The French company decided to run E85 as a fuel for the V12 due to its superior octane rating, enabling the engine to run a higher compression ratio than with petrol. One caveat: pricing starts from $283,000 USD. Click here to view the first image in today's viral picture gallery. Continue reading for the five most popular viral videos of today, including one of someone making a real coin ring in just 2-minutes.

Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo

SOURCE:

[ このページを翻訳 ]

あなたは私?遠い異国に住むドッペルゲンガーをネットで発見、対面を果たした女性(ドバイ・ルーマニア)

2

ネット上で自分そっくりの女性を発見 image credit:biubire/Instagram

 この世には自分そっくりの姿をした人が3人はいるということが、科学的に証明されている。

 自分とそっくりの誰かと、ある日偶然すれ違う可能性というのは非常に低いが、最近ではSNSやネット上でドッペルゲンガーを見つけることは困難ではなくなっているようだ。

 今回はドバイとルーマニアに住む女性が、互いにそっくりであることを発見し、対面の運びとなった。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292481.html

【動画】 新宿駅で人身事故 「フロントガラス破損」「血付いとるやん」「車両の下に・・」 緊急車両集結で騒然

fre
新宿駅で事故。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260152.html

脳が混乱。合体しているようにしか見えない2頭のシマウマの写真の錯視みがすぎる

シマウマの錯視写真

どうなってるの?合体シマウマ image credit:Sarosh/Twitter

 去年、インドの野生生物写真家によってケニアで撮影された2頭のシマウマの写真が、最近になってTwitterで注目を浴びている。

 写真家がシェアしたその写真は、一見2頭のシマウマが合体しているように見えるが、カメラを向いているのは果たして右のシマウマなのか、左なのか?脳が混乱してしまうくらいには錯視みがすぎるのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292678.html

サーバルキャット、ついに捕獲される! 施設から2キロ離れた場所で捕獲、やせ細る

hy
静岡市葵区の飼育施設から逃げていたネコ科の肉食動物サーバルキャットが13日午前、16日ぶりに同市内で捕獲された。静岡市動物指導センターへの取材でわかった。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260129.html

外科医が手術直後の女性患者をなめた疑惑の裁判、医師に逆転有罪判決 = 東京高裁

9341404
手術後の女性患者の胸をなめるなどしたとして、準強制わいせつ罪に問われた男性医師(44)の控訴審判決公判が13日、東京高裁で開かれた。高裁は、無罪とした1審東京地裁判決を破棄、懲役2年の逆転有罪判決を言い渡した。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260104.html

マスク着用を求められてブチ切れ、店員に商品の靴箱を投げつけた女性(アメリカ)

マスク着用を呼び掛ける店舗


 コロナは我々の生活様式を変えた。外出するならマスクが必要だ。買い物や食事の際も、店内でのマスク着用を呼びかけている所も多い。

 世界一の感染者を出し続けているアメリカでも、マスク着用は避けられない現状となった。とは言えマスクに馴染みのない人々が、すんなりそれを受け入れるのは難しい。

 なにせ「トランプ大統領がマスクをつけた」だけで世界的なニュースになるほどだ。一部のアメリカ人にとってマスクをつけることは、自分のアイデンティティを失うようなものなのだろう。

 マスク着用に関するトラブルが相次ぐアメリカでまた事件が起きた。その靴販売店では、入り口に「マスク着用しなければ入店お断り」を掲げていたのだが、マスクなしの女性が店内に入ってきた。  続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292696.html

「All Lives Matter(全ての命が重要)」と発言した母親(24)、婚約者の前で射殺される 「Black Lives Matter」支持者との議論中

gr
婚約者の前で射殺される。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260076.html

共同通信、鹿児島知事選で意味不明の「安倍離れ」と報道し批判噴出 ⇒ こっそり削除

f4
共同の願望報道。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260012.html

尾上松緑、集団感染の舞台に激怒 「ふざけるなよ」「慎め、餓鬼」「舞台を舐めるなよ」「万死に値する」

77
歌舞伎俳優の尾上松緑が12日、ブログを更新し、新型コロナウイルスのクラスターを発生した舞台について「ふざけるなよ」「舞台を舐めるなよ」など厳しい言葉で主催者、関係者を叱責した。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260002.html

誰かに愛されたかった。道行く人全員に尻尾を振り続けていた野良犬の物語(スリランカ)

野良犬が飼い主を見つける

愛されたかった。野良犬が飼い主を見つけるまでの物語 image credit: youtube

 3年前、スリランカの中部州ヌワラ・エリヤの路上に1匹の野良の子犬が暮らしていた。その子犬は、人間からの愛情を求めて、誰かが通り過ぎるたびに尻尾を振り続けていた。

 タイから訪れていたゾウの救済団体メンバーらは、偶然その子犬に遭遇した。抱きしめて立ち去ろうとすると必死に彼らの後をついてくる。メンバーらは、その場で急遽、子犬の飼い主を探すことに。
 
 そうして運よく飼い主が見つかりその3年後、メンバーは再びスリランカを訪れ、犬と再会した。犬は当時のように尻尾を振って走り寄った。彼のことをちゃんと覚えていたのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292672.html