The Futuristic World as Envisioned by Echte Wagner Advertising Cards, 1930

These future fantasy collectible cards were published by the German company Echte Wagner in the first half of the 20th century. Originally Echte Wagner made margarine, and it made a lot of trade cards that were distributed all over Central Europe. In 1930, the True Wagner Margarine created a series of books designed as a display for a collection of stickers made available separately. In this book, there’s a section called Future Fantasy which has no artist or author credited.

The illustrations are beautiful, the technology is actually quite brilliant and not so far-fetched. The book is called Echte Wagner Margarine Album Nr. 3, Serien 12 und 13 (Genuine Wagner Margarine Album Nr. 3″, series 12 and 13). It was published by Elmshorn in Holstein, Germany.

Wireless Private Phone and Television

“Each person has their own transmitter and receiver and can communicate with friends and relatives using certain wavelengths. But television technology has become so advanced that people can talk and watch their friends in real-time. The transmitter and receiver are no longer bound to the location but are carried in a box the size of a photo apparatus.”

h/t: rarehistoricalphotos

Monorails

“To increase the speed of traffic, there’s a single-lane expressway. The cars are designed to minimize air resistance. To ensure that the train does derail, which would be a disaster at 500 km, it is supported by stabilization surfaces.”

The Artificial Island

“Since there is no island located on the shortest route to America which could serve as a port, it’s a good idea to create an artificial landing place on the ocean. Of course, there are hotels, spas, restaurants, and a movie theater, so the passengers can enjoy their trip if there is a storm delaying the flight.”

The Rocket Plane

“The aircraft of the future is powered by rockets. The rockets are fitted at the stern of the vessel, which propels the aircraft forward through the recoil of the escaping gases. The aircraft shown here is cruising toward Nankoupas and the ancient Great Wall Of China with 10,000 kilograms of mail. Since it has a speed of 1,000 km per hour, it takes less than 8 hours for the Berlin-Tokyo route. A steamer today needs about 50 days!”

The Rocket Airships

“The rocket planes are in huge proportions and they are shaped like a parabola. The lavishly furnished cabins are built into the wings and hold almost 400 passengers. Because there is no fuselage, the control fins are located at the ends of the wings. The driver’s cab, from which the rockets are managed, is located in the middle of the deck.”

New Highways

“The horses are gone and electricity has replaced the steam power. The pedestrians are no longer in danger from traffic because the motorways and sidewalks are strictly separated. All men and women wear uniform clothing: zipped suits and pants.”

An airship ready to land

“The airship displayed above is about to land in its giant pad. It is no longer lifted by gas and driven by engines, it has a built-in transformer that is able to harness gravity into repulsive force. Now it’s possible to raise, lower, and move huge payloads.”

A New Driving Force (Nuclear-Powered Cars)

“The future cars are powered by tiny engines that use nuclear power. The speed of cars has grown accordingly. The reach speed of 200 to 300 kilometers an hour on city roads. On highways, speeds of 1,000 km/h are quite common!”

An Oceanic Steamer

“The shape of the steamer has changed and the bulky constructions have disappeared, not even a chimney can be seen. The ship shown here carries 20,000 passengers in two days from Hamburg to New York.”

Landing Of A Spaceship On The Moon

“Is this depiction wrong? Shouldn’t the rockets ignite at the stern of the vessel and spew their fire back? No, it’s correct! The ship is landing, it has deployed the brake rockets and has quickly reduced its speed. Now you can easily make the landing on the Moon.”

Private Aircraft With Nuclear Propulsion

“Here we have the opportunity to see a plane. But, where is the propeller? That is none! The aircraft rises and comes down vertically. The engine is a small capsule, in which the nuclear reaction takes place. On the right side, you can see the airplane’s garage.”

Spaceship Port

“Because there are rare minerals on the Moon, America has built a $20 billion enterprise named MoMA-A.G. (Moon Minerals A.G.). At this dock station, the ships can renew their rocket fuel. The station floats freely in the space.”

Cars powered by nuclear power

Getting ready to launch a rocket to the Moon

A rocket among the stars

A rocket flying toward Sun and Mercury

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/06/the-futuristic-world-as-envisioned-by-echte-wagner-advertising-cards-1930/

[ このページを翻訳 ]

エドガー・アラン・ポーはタイムトラベラーであるとする3つの根拠

エドガー・アラン・ポーはタイムトラベラーであるとする3つの根拠
 世界で最初の推理小説を書いたといわれているアメリカの小説家で詩人のエドガー・アラン・ポー(1809年 - 1849年)の生涯は40歳で幕を閉じたが、実際にはそうじゃないのかもしれない。

 エドガー・アラン・ポーは、時空を旅するタイムトラベラーだったのでは?という噂が今でもまことしやかにささやかれているのだ。そう考えるに足りる3つの根拠があるのだという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303762.html

ルームメイトが仕事の邪魔をするんです…海外掲示板に猫に関する相談が寄せられていた。

dropped52
image credit:Reddit
 地球上からさまざまな案件が集められる海外掲示板Redditに、ルームメイトが在宅ワークに非協力で悩んでいるという人から相談が寄せられていた。

続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304654.html

中世のフィンランドの戦士は男女の性別にとらわれない「ノンバイナリー」だった可能性

中世のフィンランドの戦士は男女の枠組みにとらわれないノンバイナリーだった可能性
 フィンランドで発見された1000年前の墓地が再調査されたところ、埋葬されていた人物は、男性と女性という典型的な二分法(バイナリー)にとらわれない「ノンバイナリー」だった可能性が明らかになった層だ。

身体的性に関係なく、男女二元論にとらわれないノンバイナリーは古くから存在し、少なくともフィンランドではその存在が差別の対象になったり、偏見の対象にはならなかったようだ。

 その遺体は丁重に埋葬されており、中世初期の鉄器時代を生きたこの人物は周囲から認められ、きちんと敬意を払われていたことがうかがえる。

 研究者によると、当時の人の社会的アイデンティティは性別で判断されず、別のものさしで測られていたことを示す証拠かもしれないそうだ。  続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304631.html

最強の猫になるための「アイアンキャット」ヘルメットを3Dプリンターで作成

アイアンマンならぬアイアンキャット用ヘルメットを3Dプリンターで作成
 アイアンマンならぬアイアンキャットになるためのヘルメットを3Dプリンターで自作したのは、エンジニアのビカリーニ氏。彼は愛猫、カソードの為に、機能的で軽量でぴったりサイズのヘルメットを作成している。

 このアイアンキャット用ヘルメット、顔を覆う部分がぱっかりと開閉するのもポイントなのだ。その制作過程を見ていこう。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304058.html

人間の大人と同じサイズ!巨大なキツネザル「メガラダピス」の主食は葉っぱ

maki-3295891_640_e
 キツネザルにも様々な種類がいるが、我々の知っているキツネザルと言えば、せいぜい猫かタヌキくらいの大きさだ。

 そのすべての種がマダガスカルに生息しているが、500~2000年前には人間の大人と同サイズくらいの巨大種が存在していたという。

 その名は「メガラダピス(学名 Megaladapis edwardsi)」で、尻尾を含めない体の大きさは1.5メートル、頭骨長は30センチもある。

 ただ大きいだけではない。木に抱きつきやすいよう手が長く、足は短いといったコアラのような特徴まであったそうで、そのため「コアラ・キツネザル」とも呼ばれることもある。
続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304203.html

最もロックなワクチン接種。ハードロックバンドのMr.ローディが怪物姿で2回目接種(フィンランド)

最もロックなコロナワクチン接種
 フィンランドのハードロックバンド、ローディのリーダーであるMr.ローディーが2回目の新型コロナワクチン接種を受けている姿が公開された。

 Mr.ローディーは、ステージで演奏する時に使用している衣装で登場し、怪物姿のまま接種を行ったようだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304630.html

自分の目も見えなくなっているのに、盲目の飼い主を導きつづけようと奮闘した盲導犬(イギリス)

目が見えなくなっているのに盲目の飼い主を導き続けようとした盲導犬
 犬は飼い主に忠実だが、使命を与えられた犬は、自分の身を犠牲にしてもその使命を全うしようとする。

 かつてイギリスに、アベルという1匹の盲導犬がいた。アベルは、自らも徐々に目が見えなくなっているにもかかわらず、盲目の飼い主にそれを悟られぬよう配慮しつつ、飼い主の手足となり、その使命を果たすことにすべてを捧げようとした。

 これは、そんな素晴らしい盲導犬と飼い主の男性の物語である。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304585.html

水から金色に輝く液体金属を生成することに成功

自ら金色に輝く液体金属を生成することに成功
 水は電気を通さないと言ったら、「いやいや、そんなの嘘でしょ」と思うかもしれない。 水で感電したなんて話もあるじゃないか、と。

 だが純粋な水は本当に電気を通さない。電線などが浸かった水で感電することがあるのは、そこに混ざっている不純物が電気を流すからだ。

 水が「金属」になる、すなわち「導電性(電気が流れる性質のこと)」を帯びるには、人工的に作るにはちょっと難しい凄まじい高圧がかかっているときだけだ。

 だが今回、チェコ科学アカデミーの研究グループは、そのような超高圧なしで純水を金属化することに成功した。『Nature』(7月28日付)で発表されたその水滴は、黄金の金属光沢を放っている。
続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304558.html

未来は今だ!

未来を想像するとワクワクしますね。
ボクが面白いと感じた記事を記載します。
皆様、いつも貴重な情報発信をありがとうございます。
↓↓↓

IST「TENGAロケット」7月31日打ち上げ予定、2回連続の宇宙空間到達とペイロードの洋上回収にも期待


続きをみる

SOURCE: https://note.com/team_building/n/n8fc19b8a7aea

ポジティブな満足感は『睡眠中の記憶力を向上』させる?

本日も最新おもしろニュース!

『起きているときのポジティブな気持ち』が、睡眠時の記憶の定着に影響を与えている??

スイスのジュネーブ大学の研究チームによると、
『気持ちよく勝てたゲームの記憶』だけ、深い睡眠中に脳内で繰り返され、ゲームに関する記憶能力が向上していたらしいです。


続きをみる

SOURCE: https://note.com/team_building/n/n814ee07d244f