The Looking Back On Sony World Photography Awards

8

“Bear Apartment Six” is a composite made up of 16 photographs of three sun bear cubs at Free the Bears Fund’s enclosure number six in Cambodia photographed over 90 consecutive minutes in June 2016. Each bear was rescued from the illegal wildlife trade when they were only a few months old. (Photo by Alexandra Cearns/Sony World Photography Awards)

1

Annual celebration of Dinagyang festival of Iloilo, Philippines. (Photo by Raniel Jose Castañeda/Sony World Photography Awards)

2

A swimming coach practices. (Photo by Zuorong Li/Sony World Photography Awards)

3

A manta ray swimming in the Indian ocean, Indonesia. (Photo by Daniel Hunter/Sony World Photography Awards)

4

Part of the series “The Flower Keepers”, a personal series exploring my imagination and thoughts, creating whimsical characters in a world filled with flowers. (Photo by Ellie Victoria Gale/Sony World Photography Awards)

5

“Equilibrium”. (Photo by José María Pérez/Sony World Photography Awards)

6

Waste from a paper mill is agitated by aerators, producing steam and foam, which are pushed by the wind. Clearwater Paper Reservoire, Lewiston, Idaho. Aerial Image (shot from a plane at 1,500 feet). (Photo by Jassen Todorov/Sony World Photography Awards)

7

Politechnika Warszawska, captured in Warsawa, Poland. (Photo by Lorenzo Linthout/Sony World Photography Awards)

9

This picture was taken in the forest area of Jaipur, Rajasthan, India. Rajasthan has a huge population of the national bird and they are found in most areas (both urban and rural). This picture was taken during rain season, in which it’s a common sight to watch peacocks dancing. (Photo by Satvik Bhatt/Sony World Photography Awards)

10

2013 Sony World Photography Awards: Anurag Kumar, India, Arts and Culture, Shortlist, Arts and Culture, Open Competition 2013. (Photo by Anurag Kumar)

11

“Ivory Coast United”, 2010. (Photo by Luca Sage)

12

2013 Sony World Photography Awards: Danny Cohen, Australia, Shortlist, Enhanced, Open Competition 2013. (Photo by Danny Cohen)

13

2013 Sony World Photography Awards: Markus Reugels, Germany, Shortlist Split Second Open Competition 2013. (Photo by Markus Reugels)

14

2013 Sony World Photography Awards: Michel Lagarde, France Shortlist, Enhanced Open Competition 2013. (Photo by Michel Lagarde)

15

2013 Sony World Photography Awards: Pawel Uchorczak, Poland, Shortlist, Panoramic, Open Competition 2013. (Photo by Pawel Uchorczak)

SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/dyt/~3/KuVUjLcmclU/

[ このページを翻訳 ]

【動画】 ゲリラ豪雨で 浦和競馬場が水没、レースが急遽中止になり会場騒然

gt5
東京電力によると、12日午後に関東地方の広い範囲で停電が起きた。ゲリラ豪雨に伴う落雷の影響とみられ、午後5時15分時点で、相模原市南区の約3500軒で停電が続いている。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273733.html

【画像】 渡部建がTwitterを更新しネット騒然 世田谷区のパン屋をディス?、10分後には削除

33
お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)が誤ツイート? それともツイッターが乗っ取られた? 渡部の公式ツイッターが12日更新され、あるパン屋の名前を記した投稿がされたが、10分後に削除される事態が起きた。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273704.html

海水浴場で酔った男性を突き飛ばした高校生を現行犯逮捕 「しつこく絡むので」 頭を打ち意識不明

333
神戸市須磨区の須磨海水浴場で、男性を突き飛ばしてけがを負わせたとして、兵庫県警須磨署は11日、傷害の疑いで同市立高校の男子生徒(18)=同市長田区=を現行犯逮捕した。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273693.html

街の人気者だったエミュー2頭だが、素行が悪すぎてパブを出禁に(オーストラリア)

人気者のエミューが店を出禁に

人気者のエミューが店を出禁に image credit:senatormcgrath/Instagram

 オーストラリアのクイーンズランド州首都キャンベラから車で13時間南西に向かったところに、たった16人の住民が暮らす小さな町がある。

 自然溢れるこの町には普段から多くの観光客が訪れるが、住民にくわえてコミュニティの一員となっているのが、2頭のエミューなのだそうだ。

 この町で生まれ育ったエミューは、住民らから、また観光客から可愛がられているとか、まさにオンリーオーストラリア的な感じだが、最近素行の悪さが目立ち、町のホテルから出禁になってしまったという。『abc net.au』などが伝えた。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293273.html

【動画】 埼玉でゲリラ豪雨 越谷レイクタウンなど停電、東川口駅が冠水で騒然

114]
埼玉でゲリラ豪雨。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273671.html

石田純一にさらなる〝爆弾ネタ〟投下 ラジオで「ハメられた」発言が命とりに

rty
このままではダーティーなイメージがつき、取り返しがつかなくなる。そう考えた石田は今月6日、大バクチに出た。レギュラー出演する文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」で、一連の疑惑について「ハメられた」と主張したのだ。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273573.html

高速道路の真ん中に家!立ち退きを拒否した民家の周囲に道路を建設(中国)

高速道路の中央には民家

民家の周囲に高速道路がある風景image credit: youtube

 住宅の立ち退き問題は、世界的に見ても様々なトラブルがつきものだが、時として強行される場合がある。

 中国の広東省広州市では、10年前に立ち退き計画が発足。橋となる高速道路の建設には、多くの住宅や企業が立ち退きに同意しその場を去ったが、1軒だけが拒否を続け、そこに留まった。

 その結果、高速道路のど真ん中に民家が残されることになったのである。騒音問題もさることながら、出たり入ったりするのも大変だ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293535.html

高架道路の真ん中に家!立ち退きを拒否した民家の周囲に道路を建設(中国)

高架道路の中央には民家

民家の周囲に高架道路がある風景image credit: youtube

 住宅の立ち退き問題は、世界的に見ても様々なトラブルがつきものだが、時として強行される場合がある。

 中国の広東省広州市では、10年前に立ち退き計画が発足。橋となる高架道路の建設には、多くの住宅や企業が立ち退きに同意しその場を去ったが、1軒だけが拒否を続け、そこに留まった。

 その結果、高架道路のど真ん中に民家が残されることになったのである。騒音問題もさることながら、出たり入ったりするのも大変だ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293535.html

岐阜のとんでもない中古車屋 代金払うも納車されず返金にも応じず、「事故車」と告げずに売りつけ 被害者多数

bgff
岐阜市の中古車販売会社で、購入した客から「代金を支払ったのに納車されない」「実は事故車だった」など、詐欺的な被害を訴える声が多数あがっていることがわかりました。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273397.html

【画像】 横須賀線・保土ヶ谷駅で人身事故「見ちゃった…」「消防隊と警察が集まって」「すぐ外でブルーシート」 緊急車両集結で騒然

331
保土ヶ谷駅で事故。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273600.html