The Making of a Coca-Cola Neon Sign for Piccadilly Circus, 1954

The area began as a link between Piccadilly and Regent Street and when the tube was opened at Piccadilly Circus in 1906, Perrier became the first advertiser in 1908.

h/t: coca-cola

Many other signs soon appeared and visitors were awed by displays from Wrigley’s Chewing Gum, Gordon’s Gin, Army Club Cigarettes, Schweppes Tonic Water, and of course, Coca‑Cola. More than 50 brands have advertised in Piccadilly Circus, with Coca‑Cola the longest standing.

The building and installation of the sign is chronicled in a photo album held in The Coca‑Cola Archives. Leather bound and simply titled, The Piccadilly Sign, the black and white images within tell the story of the workers who made it from draft board to dramatic finished product.

Photos show sheet metal being cut, workers painting the metal and installing the neon tubing. On site, scaffolding rose into the air as workers installed the sign in large sections until the final piece was placed and the sign was lit.

“If we, in presenting Coca-Cola to our consumers, are content to do ordinary things, in an ordinary way, we must of necessity be content to become and remain, an ordinary product.” – Delony Sledge, Coca-Cola’s Advertising Director

The Piccadilly Sign has been switched off on only a few occasions during peacetime: at the deaths of Princess Diana and Winston Churchill; and to raise awareness of climate change in partnership with WWF’s Earth Hour – where illuminated landmarks around the world are turned off for one hour.

More than 60 years have passed since the original Coca‑Cola sign was revealed in Piccadilly Circus. This new modern sign is again lighting up the sky at the crossroads of one of the most famous advertising spots in the world.

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/02/the-making-of-a-coca-cola-neon-sign-for-piccadilly-circus-1954/

[ このページを翻訳 ]

アメリカと銃。インディアナ州で拳銃の自由所持・携帯が認められる法案が可決される

インディアナ州で拳銃の自由携帯が合法に

pixabay

 アメリカは、州により、また銃の種類によってもその登録有無や所持規制が異なるが、このほど、インディアナ州で州民が拳銃を自由に所持・携帯できる法案が州議会下院によって可決された。

 これまで同州では拳銃所持には銃所持許可証の取得が義務付けられたいたのだが、今回の法案が可決されたことで、過去に特定の犯罪を犯していない限り、州民ならば誰でも自由に所持、携帯できることになる。『New York Post』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52299614.html

【画像】 富士通の採用ページがめっちゃえっちだと話題に

fg77
ジブンの色を、つらぬけ。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10358223.html

【画像】 とても美人で優しいと評判の小学校教師、突然落下してきた岩が直撃し死亡

fsdg
オーストラリアで暮らしていた小学校の女性教師(31)が先日、バロン渓谷国立公園を訪れ散策を楽しんだ。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10358447.html

「女性には生理休暇があるのに、どうして男性には射・休暇がないの?」というネタツイにツイフェミ激怒で爆笑

grgy76
抜くタイミングがバレバレ。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10358967.html

妻と他人のわいせつ動画を配信した夫婦を逮捕、2人のツイ垢が特定される ⇒ とんでもない動画が投稿されていた

gt656
色んな夫婦の形があるものです。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10358909.html

MC Artboy l Hyper-Réalité (Bill Gates) X Windows1995



MC Artboy l Hyper-Réalité (Bill Gates) X Windows1995

SOURCE: https://motioncollector.com/post/644126433466351616

【動画】 「ボンビーガール」新企画の19歳女性に女性視聴者怒り 「あーいう女無理」 衝撃暴露情報も

ghn
『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)で、新たに恋愛リアリティー企画『幸せ!ボンビーラブ こんな私でも好きになってくれますか?』がスタート。この企画に出演している〝19歳の少女〟に注目が集まっている。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10358987.html

【動画】 あぶない! 突然住宅街に放り出される、とても危険な高速出口が話題に

huy
横浜新道の峰岡。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10358931.html

【動画】 宗教に取り込まれ消息不明になったユーチューバー ⇒ 再生回数稼ぎのヤラセだったと判明し怒りの声が噴出

jh88
今月上旬より、メンバーの突然の宗教入信疑惑や音信不通などのトラブルを訴えていた「社会人ですけど何か?」(登録者数28万人)。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10358593.html

【動画】 「スッキリ」うっせえわのAdoちゃんが声出演 「JKとは思えないシブい声」「陰キャ声」だと話題に

dfg
ボカロとか最近の人気な曲って暗いテーマが多いよね。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10358747.html