The Subversive, Queer and Iconic Covers to Films & Filming Magazine 1970-81

Films and Filming was published in the UK between October 1953 to March 1990. It was a special interest magazine for film-lovers who thought “Picturegoer unsatisfying and Sight and Sound unintelligible.”

Founded by publisher Philip Dosse Films and Filming was a stablemate to his other mags like Books and Bookmen, Dance and Dancers, Plays and Players, Art and Artists, and alike. Films and Filming was for a time the best and most subversive film magazine around. More so as Dosse had an agenda in promoting difficult and controversial subject matter, in particular, homosexuality which was until 1967 a criminal offence in Britain punishable by imprisonment or chemical castration.

h/t: flashbak

Films and Filming or rather F&F’s first editor was Peter Brinson, a smart young man who made no attempt to disguise his sexuality. He successfully edited the magazine to woo the gay market by including pictures of beefcake actors and personal ads for young gay men to hook-up.

Under the editorship of the magazine’s second editor, Peter Baker, F&F moved from just a coded gay film zine to a thoughtful, glossy and well-written magazine which quickly became a must-read of every serious cinephile.

This continued under the Robin Bean who became the magazine’s third and most successful editor. Bean allowed free rein over the written content while he focussed more on the photographs which hooked the buyer.

The seventies was a Golden Age for movies which was well-reflected by magazines like Films and Filming. As the eighties arrived, the quality of films changed. Art and ideas were replaced by action heroes, explosions, frat boy comedies, and CGI…
























SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/03/the-subversive-queer-and-iconic-covers-to-films-filming-magazine-1970-81/

[ このページを翻訳 ]

宇宙でチリペッパーを栽培!?

本日も最新宇宙ニュース!

NASA、国際宇宙ステーションでチリペッパーを栽培…長期ミッションでの食料確保に向けて


続きをみる

SOURCE: https://note.com/team_building/n/n65836d587b7c

ハスキーは撫でられたい。腹だし足ドンで飼い主に催促しまくる態度

ハスキーが撫でられたい時の態度
 みんな違ってみんな個性豊かなのが動物たちだ。このハスキーの場合、飼い主が近くにいるときは、常に体のどこかを触ってほしいシステム。

 それはどこでも良いらしくて、この距離感だと足が一番身近だったようだ。ソファに足ドンし、飼い主の気をひいてその足を撫でてもらう。

 でもって飼い主が撫でるのを止めると... 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304384.html

Caroline Polachek – Bunny Is a Rider (OFFICIAL MUSIC VIDEO)



Caroline Polachek - Bunny Is a Rider (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

SOURCE: http://motioncollector.com/post/657866991572500480

神の使いか?5本角の羊がイスラム教の祭日の前夜、市場に現れる

5本角の羊が市場に登場
 イスラム教の祭日「イード・アル=アドハー」準備の為、ナイジェリア、ラゴスで開かれた市場で、多くの買い物客の注目を集めていたのは、5本の角をもつオスの羊だ。

 まるで王冠を被って見えることから、自由の女神を連想する人や、予言者アブラハムの息子、スマーイールの生まれ変わりを信じる者もいた。

  続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304362.html

獣医のもとにシニア猫が運ばれてきた。安楽死を選びたくなかった獣医さん、そのまま飼い主へ立候補

dropped41
image credit:Reddit
 動物にやさしく詳しい獣医さんのもとには、自然と様々な問題が寄せられる。どうやら海外でもそれは例外ではないらしい。海外掲示板Redditにて、老猫を保護した獣医さんが写真を投稿して注目を集めていたよ。

続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304421.html

もしも月と地球の距離が半分になったらどうなってしまうのか?起こりうる5つのこと

月と地球の距離が半分縮まると何が起きる?
 地球の衛星である月がどのように形成されたかは諸説ある。例えば、ジャイアント・インパクト説では、今から46億年ほど前、「テイア」と呼ばれる火星くらいの原始惑星が地球に衝突し、飛び散った欠片から月が誕生したと説明されている。

 誕生からまもない月と地球の距離は、今の16分の1しかなかった。だが月は徐々に遠ざかり、現在の位置にたどり着いた。

 もしも、だ。何らかの原因によって月がグッと地球に近づいたとしたらどうなるだろうか? 例えば今の半分くらいにまで接近したら何が起きるのだろうか? 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304405.html

「神に車の運転を託した」信号無視し暴走事故を起こした女性の供述

「神に運転を託した」暴走事故を起こした女性の供述
 先月半ば、アメリカで時速約193キロものスピードを出した車が赤信号を無視して交差点を直進、すでに進入していた車をためらいもなく破壊して通過していく事件が起きた。

 まるでコントロールを失ったかのように減速もせず、衝撃のスピンも放置で道路を滑る車。その運転席にいた女性の奇妙な供述が物議をかもしている。

 後に捕まった女性は、信じがたいことに助手席に自分の子どもを同乗させていた。

 それだけでも十分ショックだが、なんと彼女は動機について「神への信仰を試す」ためだと警察に告白。わざとハンドルから手を放して「神に車の運転を託した」と述べたのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304397.html

未来の水族館はこうなる!?本物そっくりのアニマトロニクスのイルカが登場!

本物そっくりのアニマトロニクスのイルカが水族館で泳ぐ
 近年、動物の権利を守る動きが活発になってきている。同じ生きとし生けるものとして、動物の福祉を重視し、尊厳のある生き方をさせてあげようというのがその狙いだ。

 既にヨーロッパでは20か国ほどが、サーカスで生きた動物を使用するのを制限もしくは禁止にしているが、水族館やテーマパークで野生生物を飼育し繁殖させることにも反発の声があがっている。

 そういった動きの中、アメリカ、カリフォルニア州にある企業は、アニマトロニクスで本物そっくりのイルカを開発。いつの日か、水族館には本物の生き物に代わって、全てが本物そっくりのアニマトロニクスとなる時代がくるのかもしれない。『The Brighter Side Of News』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304223.html

LEGENDE AUTOMOBILES TURBO 3



The Renault 5 Turbo is one of the most exciting cars ever produced, a true icon from the rallying in the 1980s. The legendary Renault rally car, is now reborn as the Turbo 3, a stunning combination of retro design with modern technology. Developed by Los Angeles-based Legende Automobiles, the stunning restomod is equipped with a turbocharged four-cylinder engine that produces more than 400 horsepower and plenty of torque. And just like the legendary rally machine, it will come with an old-school manual gearbox and none of that sequential paddle nonsense. It also features a hand-built body made almost entirely from carbon fiber, that gives the car a wider, more aggressive stance, a set of LED headlights, bespoke air curtains, an extended rear wing, and a two-piece diffuser that houses a set of square tailpipes. The interior has a clean and modern look with a digital instrument cluster and dual climate controls, plus a full roll cage, and bucket seats. Legende has yet to reveal the price or build quantities, but we are giving this beauty restomod our seal of approval.

Also check out these restomods of the legendary Lancia 037, and iconic Audi Quattro

SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/BlessThisStuff/~3/51b_ULc-ikg/

この美しい宝石がビール瓶で出来ているだとぅ?驚きの加工職人の技術

キラッキラの宝石をビール瓶で作るスゴ技職人
 加工している過程を知らなければ、本物の宝石と見まごうほどの美しさ。まばゆいばかりの輝きの宝石をビール瓶から作り出すスゴ技職人がいるようだ。

 宝石のクオリティはカットと研磨で決まるとはよく聞くが、この職人の手にかかれば色ガラスのかけらすらまばゆいばかりのファビュラスな石へと転生するのだ。

 熟練の鑑定士ならいざしらず、素人目にはサファイヤやエメラルドにしかみえないガラスたち。そのハイレベルな加工の様子をごらんいただこう。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304067.html