This Looks Like a Normal RV, But Drive it Into a Lake? You’ll See Terra Wind is an Amphibious Motorcoach

Terra Wind RV

If James Bond wanted to go on a road-trip vacation, he'd probably take the Terra Wind. Developed by by the team CAMI (Cool Amphibious Manufacturers International), this motorcoach boasts an aluminum-hull and the ability to drive from normal roads directly into the water, and not hydrolock. Capable of speeds up to 80mph on asphalt and 7-knots in water, the Terra Wind boasts a full-kitchen, home theater, and even a mirrored ceiling. As you can see in the video above, its rear bumper area doubles as a swim deck of sorts. Expect to shell out $650,000 if you want one for the ultimate road trip. Click here to view the first image in today's viral picture gallery. Continue reading for the five most popular viral videos of today.

Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo Photo

SOURCE:

[ このページを翻訳 ]

【画像】 厚労省配布のマスクがついに届き始める パンツみたいだと話題に 「ほぼブリーフ」

fere
パッケージのフォントが不安。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10212028.html

都市封鎖中で落ち込む人々にコスプレで笑顔も届ける郵便配達人(イギリス)

cover_e31

image credit:jon_the_viking_matson/Instagram

 イギリスでは新型コロナウイルスの影響で、3月23日よりロックダウン(封鎖)に入った。そのため、医療従事者や配達員、スーパー勤務といった“キーパーソン(Key Person)”以外の人々は、買い物などどうしても必要な時以外の外出を固く禁じられている。

 今やインターネットがある時代とは言え、いつまで続くのかわからない外出自粛命令は人々の気分をかなり滅入らせる状態となっている。

 そんな中、あるひとりの郵便配達人の男性が、少しでも人々に笑顔をもたらそうと、コスプレで郵便を届けることにした。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52289422.html

30万円給付、多くの世帯は対象外で貰えないことが判明 「年収100万円以下」

r43
安倍晋三首相と自民党の岸田文雄政調会長は3日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で所得が減少した世帯などを対象にする現金給付について、1世帯あたり30万円とすることで合意した。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10212006.html

「サザエさん」無期限のアフレコ中止に 新型コロナの影響が国民的アニメにも

gg
無期限録音停止。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211979.html

政府、在日外国人にも30万円の現金給付を検討

fre
菅義偉官房長官は3日午後の記者会見で、現金給付の対象について日本に滞在する外国人も含めて検討する方針を示した



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211957.html

男性が連れていた犬に違和感を感じたバス運転手、犬が盗まれていたことに気づき飼い主に返す(アメリカ)

cover_e11

image credit: youtube

 大切な愛犬が突然行方不明になってしまったら、飼い主は不安と心配で落ち着かない日々を過ごすことだろう。

 アメリカのオレゴン州で、1匹のラブラドール・レトリバーが、飼い主宅から姿を消す出来事が起こった。

 しかし、地域のバスの運転手が犬を連れた男性の不審な行動に気付き事態を察知したおかげで、犬は無事に飼い主のもとへ戻ることができた。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52288271.html

【画像】 飛田新地の「厳命」通達書が流出しネット騒然 「除名処分は破門よりヤバイ・・」

rr
大阪市西成区の歓楽街「飛田新地」の飛田新地料理組合は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、加盟する約160の料亭全店の休業を始めた。再開時期は未定。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211927.html

「東京から帰ってきたということはコロナじゃないか」 コロナ禍で東京と地方に断絶発生か、帰省する人たちに厳しい視線

tt
「リモートワークにもなったし子供も休校。ちょうどいい機会だからと家族で実家に帰省したんだけど、まさかこんな風に言われるなんて。地元だけど、田舎が嫌いになりそうです」・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211919.html

森三中・黒沢かずこが新型コロナ感染 2週間前から体調不良訴え、濃厚接触多数か

443
お笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(41)が新型コロナウイルスに感染し陽性反応が出ていたことが4日、分かった。所属する吉本興業が発表した。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211895.html

新型コロナウイルスは地球の振動にも影響を及ぼしていた(ベルギー研究)

international-space-station-1176518_640_e


 新型コロナウイルスのパンデミックは、人々の生活と経済活動を大きく様変わりさせてしまった。その拡散を食い止めるために、街は封鎖され、人々は当たり前のはずだった移動の自由を半ば放棄せざるを得なくなった。

 なんと、こうした措置はこの地球の動きにまで影響を及ぼしているのだそうだ。

 『Nature』(3月31日付)に掲載されたベルギーの地震学者の報告によれば、地球の地殻が振動する音――すなわち「地震ノイズ」が減少して、静かになっているのだそうだ。

 逆にこれは地震を研究する者たちにとっては、小さな地震を検出したり、火山活動を観測したりするチャンスでもあるとのことだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52289527.html