This Looks Like a Normal Sidewalk, But Pour Some Water On It? Something Cool Appears

Rainworks

Known for its constant rainy weather, Seattle is the perfect home for "Rainworks", new water-activated interactive installations. These can either be illustrations and / or hidden messages that only appear when wet. It was created by Seattle-based artist Peregrine Church. Each installation is made from a water-repellant coating that lasts anywhere from 4 months to year.

SOURCE:

[ このページを翻訳 ]

競艇の村松修二選手、「選手としての体面汚し等」で出場停止処分で騒然 何をやらかしたのか??

fr5
何があったのか?



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273647.html

村本大輔「総理、あんたが自分の先祖や大切な人の墓参りで毎年同じ言葉を墓前で日付だけ変えて呟いてたら、ブレてないって尊敬するよ」

fdst
先祖代々何百年も般若心経。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273632.html

亡くなった人の遺品の衣類をゾンビ姿で売る女性(タイ)

亡くなった人の服をゾンビ姿で販売する女性

亡くなった人の服をゾンビ姿で販売する女性 image credit: youtube

 コロナによるパンデミックは、世界中の様々な事業に大きな打撃を与えた。多くの失業者が出たが、小さな商売で日々を凌いでいる人々の生活も葛藤の日々を強いられることになった。

 タイ北部に住むある女性も、この3年間路上で亡くなった人たちの衣類を売るという商売でなんとか毎日を過ごしてきたが、ロックダウンとなり、大打撃を受けてしまった。

 そこで女性は、オンラインでの通販に切り替えることを思い立ち、ゾンビになりきって通販のライブストリーミングを始めたところ、かなり注目され売り上げが急上昇したという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293561.html

慰安婦団体、寄付金の98%を私的流用していた 施設では慰安婦への虐待も

jjl
韓国ソウル近郊の京畿道(キョンギド)は11日、道内の広州(クァンジュ)にある元慰安婦の女性らが暮らす支援施設「ナヌムの家」で、2015年から約5年間に集められた寄付金88億ウォン(約7億9千万円)の大半が目的外に不正流用されていた、とする調査結果を発表した。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273808.html

中国から輸入した冷凍食品から新型コロナウイルス 一部が輸出用に加工

hh8
中国山東省の煙台市当局によると、遼寧省大連市の大連港に荷揚げされた輸入の冷凍魚介類から新型コロナウイルスが検出された。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273810.html

マラミュートがひとりでお留守番をしたらこうなった?ニコのやらかしトイレットペーパー疑惑

naughtynico0_640


 イギリスで暮らすアラスカン・マラミュートのフィルとニコ。同じマラミュートとは言え、2匹は性格も好みも違う。

 人懐っこいフィルくんに比べて、ニコさんはちょっと人見知り、いや犬見知り。他の犬がちょっぴり苦手なニコさんは、フィルくんとご主人一家がお友だちのわんこと遊びに出かけている間、マイロとお留守番をしていたんだ。

 そして帰ってきたご主人たちが目にした光景とは……? 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293642.html

【画像】 「旅館に泊まったら食べきれないほど大量に出てきた。廃棄前提。二度と泊まらない」が物議

332
子どもにメディアリテラシー伝えたい。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273793.html

我々の骨は宇宙由来。カルシウムたっぷりの超新星が放つX線の観測に初めて成功

人類の骨は爆発した星が起源

人類の骨は爆発した星が起源 / Pixabay

 我々人類の歯や骨に含まれるカルシウムはもちろんのこと、この宇宙にある全カルシウムの半分は今際の際にある星が吐き出したものだと言ったら驚くだろうか?

 その爆発のことを「カルシウム過剰超新星(calcium-rich supernova)」という。非常にまれな現象で、その性質やカルシウムを作り出すメカニズムなど分からないことは多い。

 だが、このほどノースウェスタン大学(アメリカ)をはじめとする国際研究グループが、史上初めてカルシウム過剰超新星が放出したX線の観測に成功したそうだ。それは星の一生の最後の日々を目撃することができた稀有な機会だった。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293550.html

【動画】 宇都宮市のローソンで男女2人刺され、1人重体1人重傷

fre
栃木・宇都宮市のコンビニエンスストアで「人が刃物で刺された」と110番通報があった。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10273776.html

ドイツの環境省、昆虫保護のため夜の照明を暗くする法案を検討

昆虫保護の為夜間照明を暗くすることを検討するドイツ

ドイツで昆虫保護のため夜間照明を制限することを検討 A_Werdan/pixabay

 地球上の生物の中で、昆虫の数は圧倒的だ。それゆえに生態系のカギを握っており、人間を含む動物や植物に重要な恩恵をもたらしている。世界の穀物の75%の受粉を助け、土を作るのも昆虫だし、鳥類や小動物の餌になるのも昆虫だ。

 だが、昨年「Biological Conservation」に掲載された研究によると、世界の昆虫種の40%が減少、数十年で絶滅の可能性があるという。減少の理由は人間の活動によるものだ。都市化や農業、森林伐採などで生息地を奪われたことが主な要因と見られている。

 昆虫の減少を食い止めなければ生態系全体が崩壊する恐れがある。 

 そこで、ドイツの環境省では、去年2月に「昆虫の保護に向けた行動計画」を発表。多額の予算を拠出し、殺虫剤の使用削減など昆虫保護に尽力する旨を明らかにしていたが、今年8月にも改めて、昆虫の個体数を守るために夜間照明を暗くする法案を検討していることを発表した。『barrons.com』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293608.html