This Street Library In Bulgaria Encourages People To Read

“Rapana” is the first street library in Varna, Bulgaria created by a team of young architects and designers.

Nowadays young people’s lives are almost entirely based around the digital era and this decreases the popularity of books among this generation. A team of architects and designers (Yuzdzhan Turgaev, Boyan Simeonov, Ibrim Asanov and Mariya Aleksieva) decided to do what they can to partly solve this issue by building a street library.

Varna is a city located at the seaside and is often called “The marine capital of Bulgaria”. This is the main reason why the chosen concept shape of the library resembles the shell of a sea snail. The design was inspired by nature and its organic shapes. The installation takes into consideration the most important aspects of the city’s identity – the sea and its value to Varna’s citizens. The abstract construction unravels from a single focal point and develops into a semi-circle whilst creating a public space and shelves for placing books at the same time.

“Rapana” was designed using the parametric design tools Rhinoceros 3D and Grasshopper, which give architects the possibility to try different shapes and variations. Using the software, the team tested over 20 variations, changing the number of vertical and horizontal wooden pieces and their width and height. We ended up with the final design, fitting the budget and the open library’s concept, providing easy access for the readers, sitting spaces, plus a tiny stage for street artists and lounge sessions. Using the Rhinoceros 3D tools the construction was divided into pieces, which were produced using a CNC machine from a 250 x 125 cm. wooden sheets. The street library was built using 240 wooden pieces and the full capacity of the library is 1500 books.

More info: Facebook (h/t: boredpanda)







SOURCE: https://designyoutrust.com/2017/11/this-street-library-in-bulgaria-encourages-people-to-read/

[ このページを翻訳 ]

阪神寮「虎風荘」クラスターの可能性・・ 小幡が4人目PCR検査、陽性なら9日活動再開に暗雲

fre
阪神は2日、小幡竜平内野手(19)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を受けたと発表した。球団では藤浪らに続き4人目の検査。陽性となれば、集団感染の可能性も否定できず猛虎に再び、激震の予感がしてきた・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211572.html

これは希少!画像加工なし、実在するリアルな17の驚くべき画像

00

sebastianmzh/Instagram

 画像の加工がお手軽になった今、ネットをどよめかせる奇妙な画像の中には巧妙なコラも含まれがちだが現実世界にはまだまだ奇妙な光景があったりする。

 そんな画像が次々舞い込む海外掲示板には、投稿者が実際に目にしたというリアルな写真がユーザーどよめかせている。
 
 見とれちゃうほどよくできたコラもいいけどたまにはリアルで楽しみたい。そんな人におすすめしたい写真の一部を眺めてみよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52289484.html

【画像】 南武線・津田山駅で人身事故 「先頭のスカート血だらけ」「ブルーシートで全部隠され」「バラバラなのかな・・」 緊急車両集結

577
津田山駅で事故。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211529.html

【動画】 横浜市・JR関内駅でうつぶせで倒れている男性を通行人が発見 緊急搬送も死亡が確認

fre
3日午前5時ごろ、横浜市中区のJR関内駅南口付近で男性が倒れているのを通行人が見つけ、病院に運ばれたが死亡が確認された。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211525.html

携帯大手3社、学生のデータ通信を無償化へ オンライン学習の増加を支援

kkl
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行をうけ、学校ではオンライン学習への移行が進みつつありますが、携帯3社がそれを支援する方針を固めたと日本経済新聞が報じています。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211502.html

お母さんみたいでしょ?孤児になったシマウマの赤ちゃんの為、ゼブラ柄の服を着てお世話する飼育員(ケニア)

cover_e36

image credit:Sheldrick Wildlife Trust/Facebook

 野生生物の世界は厳しい。捕食者から身を守るため、野生動物の赤ちゃんは生まれた直後に自力で立ち上がる力を身に付けなければならないだけでなく、群れにいる母親の存在を直ちに認識しなければならない。

 しかし、その瞬間にも敵は容赦なく襲いかかることもあり得る。アフリカのケニアで、生まれたばかりのシマウマの赤ちゃんがひとりぼっちになってしまった。母親が、ライオンの群れに襲われて死んだのだ。

 保護団体スタッフに保護されたシマウマの赤ちゃんは、現在スタッフらによる24時間体制のケアを受けているが、スタッフたちは縞模様の服を着て赤ちゃんに接している。それには重要な理由があるようだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52289490.html

【画像】 地下鉄鶴舞線・川名駅が封鎖、緊急車両大量集結でとんでもないことになっていると騒然 何があったのか??

re
川名駅で車両発煙騒動。




続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211482.html

政府、1世帯あたり20万円給付へ コロナで所得が減った世帯対象、自己申告制

33
政府は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で所得の減った世帯などを対象とする現金給付について、1世帯あたり20万円とする方向で調整に入った。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211451.html

【画像】 遊井亮子、ゲームセンターCX「1機やらしてもらってよかですか?」の浦川Dと結婚発表でネット騒然ww

e44
女優遊井亮子(ゆうい・りょうこ=43)が2日、マツコ・デラックス(47)が出演するフジテレビ系「アウト×デラックス」で、同番組の浦川瞬ディレクター(37)との結婚を発表した。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211444.html

頭で考えてることが文章化される。脳波を文章に変換するAIが登場(米研究)

man-3591573_640_e

Gerd Altmann from Pixabay

 心の中で何を思おうがその人の自由だ。公に発言すると問題になるようなことでも秘めたる思いは自分だけのものだ。

 だが今や、自分の考えが公然と文章化できる時代がやってきたようだ。新たに開発されたAIは、脳の活動を読み取って、それを文字に変換することができるのだという。

 利用方法によっては大変有意義なものとなるだろう。例えば言葉を話せない人や体の自由がきかない人にとっては画期的なツールとなるのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52289437.html