UK Royal Society Of Biology’s Photographer Of The Year Shortlist

1
“The Autumn’s Beauty” by Amitava Chandra. “This unique white grass, a gift from nature to enhance the beauty of autumn, is colloquially called kash. For a short period during autumn it erupts in abundance without any cultivation or help from man”. Taken in Kolaghat, West Bengal. (Photo by Amitava Chandra/2016 Royal Society of Biology Photographer of the Year competition)

3
“Little Giant” by Partha Pratim Saha. “Spotted tortoise shell beetles ( Aspidomorpha miliaris) are small, oval, turtle-shaped beetles. They are seldom a serious pest, but tortoise beetles can cause considerable defoliation during severe infestation”. Taken in Kolkata, India. (Photo by Partha Pratim Saha/2016 Royal Society of Biology Photographer of the Year competition)

4
“Skin of the lip of a cat” by David Linstead. “This microscope image is taken from a vintage slide mount of the lip of a cat by the noted Victorian slide mounter Edmund Wheeler. It shows the skin surface, hairs (fur) and capillary blood supply of the skin surface. We are used to seeing the “big”, the fur of a cat’s coat, but this image produces an unusual view of the “small”, the individual hairs and the minute capillaries that nourish them with blood. This example shows great skill in the injection of carmine dye into the capillaries and the preservation of anatomical detail”. Taken in Kent, UK. (Photo by David Linstead/2016 Royal Society of Biology Photographer of the Year competition)

5
“Pink Over Pink” by Daniel Buron. “Flamingos feed on small crustaceans, algae and other microscopic plankton components. Some of these food sources contain carotenoid pigments which give flamingos their characteristic pink plumage. Some salinas, such as this, have ideal conditions for halophilic bacteria and flagellate unicellular alga Dunaliella salina, which give watch this deep red colour”. Taken in Salinas de la Tapa, El Puerto de Santa María, Spain. (Photo by Daniel Buron/2016 Royal Society of Biology Photographer of the Year competition)

6
“Tasty Nature” by Dipesh Bhatt. “The blue banded bee (Amegilla cingulata) is pointing this sheath towards the flowers in preparation for sipping nectar”. Taken in Gujarat, India. (Photo by Dipesh Bhatt/2016 Royal Society of Biology Photographer of the Year competition)

7
“Hunt for mosquitoes” by Lukasz Boch. “The tiny mosquito is the beginning of the road for terns. In the future when the tern grows up, he will start to hunt for larger food like dragonflies and fish”. Taken in Poland. (Photo by Lukasz Boch/2016 Royal Society of Biology Photographer of the Year competition)

8
“Moon:cells” by Matthew Lee. “This image is of PC3 cells, which are highly aggressive prostate cancer cells that I work with in my research. When looked at as a whole, the image looks vaguely like that of the moon. By eye, the cell clumps represent craters and the areas where there are no cells represent the smooth areas of the moon”. Taken in a cell lines laboratory, Bristol, UK. (Photo by Matthew Lee/2016 Royal Society of Biology Photographer of the Year competition)

9
“Pigment scales in the skin of a porbeagle shark” by David Linstead. “This microscope image, taken from a Victorian slide mount, shows several pigment scales scattered in the skin of a porbeagle shark (Lamna nasus). Colour is produced using the illumination technique of differential interference contrast in the microscope, together with an adjustable compensator (lambda plate), so called “colour DIC”. Here, “big” is the pattern on the skin of a large shark and “small” is the individual scales”. Taken in Kent, UK. (Photo by David Linstead/2016 Royal Society of Biology Photographer of the Year competition)

10
RSB young photographer of the year winner: “The Beginning” by Pradyuman Samant (Age 16). “We have a huge planet with some tiny creatures we often ignore. Some people find it gross to even look at them and some aren’t even bothered. But no matter how big our world is, the beginning is always small. These bush frog tadpoles will be part of our “big” world someday, while others will be washed away in the rain”. Taken in Maharashtra, India. (Photo by Pradyuman Samant/2016 Royal Society of Biology Photographer of the Year competition)

2
“Fighting Bulls” by Robert Sommer. “I discovered these two huge elk-bulls in the middle of the river on a hike in the Banff national park. They proceeded to fight in front of the Rocky Mountains. The elk bulls are enormous and dangerous during heat, but they seem so small and fragile in their environment, especially in front of this fantastic mountain range”. Taken in Bow river, Banff national park, Canada. (Photo by Robert Sommer/2016 Royal Society of Biology Photographer of the Year competition)

SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/dyt/~3/wXS3egUVOzI/

[ このページを翻訳 ]

【動画】 「モーニングショー」 タピオカ店長が真相を激白 木下優樹菜の恫喝に「びっくりして何が起こっているのかと・・」

acaea63a
番組では、カフェの店長を独自取材した。店長は姉のママ友で店のオーナーで姉は従業員という立場という。放送では店長の肉声ではなく取材で話したコメントをテロップで流しナレーターが読み上げた・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10148550.html

ピューマのメッシ、飼い主さんに今日も甘えん坊全開。ラブラブな毎日を覗いてみよう

dropped27

image credit:YouTube

 世界広しと言えども、イエネコならぬイエピューマを飼っているお宅はロシアのアレクサンドル・ドミトリエフさんとマリヤさんご夫婦くらいだろう。

 マウンテン・ライオンの異名を持つピューマのメッシとともに暮らすご夫婦は、今日もメッシをそれはそれはかわいがっているようだ。甘やかすご夫婦、甘えるメッシが織りなすハッピーライフを覗いてみよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52284829.html

高知市の川で小2男児死亡、実はいじめか 南国市が第三者委員会設置し調査へ

r4
8月に高知県の川で7歳の男の子が亡くなった事故について、南国市の教育委員会は、いじめが原因かを調べる第三者委員会の設置を決めました。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10148479.html

リアル・ビッグフット?謎の巨大類人猿「ギガントピテクス」はオランウータンの親戚だった可能性(デンマーク研究)

iStock-108268166_e

Image by :RichVintage/iStock

 世界中のいたるところで目撃されたり痕跡が確認されたりしている、毛むくじゃらの類人猿に似たUMA(未確認生物)。日本では雪男、アメリカではビッグフットと呼ばれており、目撃情報は多いものの実在するかどうかは今なお謎に包まれている。

 ビッグフットはただの伝説の可能性もあるが、大昔には人間の成人の2倍もの巨体を誇る類人猿が東南アジアの森を歩いていたらしい。

 身長3メートル、体重300~600キロもあったと推定される「ギガントピテクス(学名 Gigantopithecus blacki)」だ。その姿はこれまで数少ない化石から推測するよりなく、まさに謎の生物であった。

 しかしこのほど、大昔のタンパク質を解析する画期的な方法によってこの謎の生物の系統を特定することができたそうだ。

 研究によると、ギガントピテクスに最も近いのはその直接の親戚であるオランウータンなのだとか。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52284811.html

【画像】 子供の頃ずっと遊んでたグラウンド、今はこんなの貼ってある・・ 告発画像に驚きの声

fr
バルログさんも苦笑い。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10148389.html

笠りつ子プロ涙の謝罪会見裏に衝撃事実が・・ 関係者の証言に驚き

14
LPGAの処分がようやく決まったのが、「マスターズGCレディース」から3週後の「伊藤園レディス」の週の今月12日の火曜日だった。そこから笠のマネジメント会社は、すぐさま「謝罪会見を開きたい」との意向をLPGAに申し入れたが、同席を求められた小林会長は、それを頑なに拒絶したという・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10148500.html

1300万円越えのiPhoneが誕生。ゴールドとダイヤモンドでキラッキラ

i1e

image credit:Caviar

 新モデルが発売されるたびに話題になるiPhoneだが、この秋に登場した中で特に注目を集めたのはiPhone11 ProとPro Maxだろう。

 トリプルカメラを三角形状に搭載していることから、トライポフォビア(集合体恐怖症)の人々を恐怖に陥れるという思わぬインパクトを与えてしまうことになったのだ。

 しかし、ここまでカスタムされてしまった場合には、もしかするとぜんぜん怖くないじゃんってことになるのかもしれない。

 豪華カスタムiPhoneなどを販売しているロシアのブランド・Caviarから、目を見張るほどリッチなiPhoneが登場していたようだ。

 これはもはやiPhoneにしてiPhoneにあらずといったiPhoneに仕上がっており、操作する手が震えてしまいそう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52284744.html

薬物逮捕のKAZMAXに衝撃証言 自称資産50億円も「家賃も滞納してた」「億り人どころか一文無し」

fgg
2017年の仮想通貨バブルで大儲けし、“億り人” となった吉澤容疑者。投資初心者に向けた月額3万円のオンラインサロンで荒稼ぎしていたとされる。だが、実際の懐ろ事情は、お寒いものだったという。知人のB氏は、こう明かす・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10148374.html

長崎市の私道問題、バリケード撤去もブロック置きっぱなし・・ 業者「通行可能にした」 住民「ブロックも撤去して」

er
長崎市青山町の私道が所有する不動産管理会社により封鎖されていた問題で、バリケードが撤去されたことが分かりました。住民からは「ひと安心」との声もあがりましたが、道路に残されたブロックの撤去を望む声もあがっています・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10148422.html

小さな微量栄養素入りのカプセルが栄養不足の人々を救う(ビル&メリンダ・ゲイツ財団)

iStock-1032149396_e_e

Image by vlad_karavaev/iStock

 ある発明によって世界の栄養不良問題は一気に解決へ向かうかもしれない。

 それはパンに混ぜてもまったく気がつかないくらい小さな微量栄養素入りのカプセルだ。なにしろあのビル・ゲイツ氏が試食してみて、普通のパンと区別がつかなかったくらい小さいのだ。

 このカプセルは、マイクロソフト会長のビル・ゲイツと妻メリンダによって2000年創設された世界最大の慈善基金団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」が資金援助をしている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52284666.html