Vimeo Staff Pick: Cristian is a Paralympic champion from Chile…



Vimeo Staff Pick: Cristian is a Paralympic champion from Chile who lost his sight at the age of 12. This short documentary is tribute to his person and his legacy. The combination of strength, will and sensitivity. Directors: Douglas Bernardt & Filipe Zapelini Cinematographer: Lucas D. Oliveira Production Manager: Marina Hecker Executive Producer: Amadeu Caringi Producer: Juan Ossa Editor: Gabriel Honzik Sound Editor: Thiago Damant Colorist: Mauricio de Oliveira Music: Butterfly Jar by Origamibiro, Come Around by Second moon of Winter, The Last of Us by Gustavo Santaolalla, K&F Thema by Apparat Special Thanks to: Rodrigo Mellado Donoso, Pancho, Fabiano Rodrigues, Everton Behenck, Marco Bezerra, Marcio Callage, Tiago Vanigli, Pedro Bertelli, Pretto, Gustavo Gripe, Fabio Canale, Alfredo Barros, Carlo Taffarel, Santa Trasmedia, DM9 Sul, Olympikus, Denovali Records, Chut on Vous Écoute

SOURCE: http://motioncollector.com/post/124795732028

[ このページを翻訳 ]

ESSE「家族5人で食費2万円」特集が炎上 「生活じゃなくて生存」「節約じゃなく貧困」

gt
節約上手じゃなく普通に貧困です。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260488.html

水中に響き渡る潜水艦のソナー音(※音声注意)

潜水艦のソナーの音


 バハマ諸島でダイバーが初めて水中で遭遇した潜水艦のソナー音だそうだ。

 ソナーは水中を伝播する音波を用いて、水中・水底の物体に関する位置情報を得る装置で、戦時中は、敵潜水艦を発見するために多く使用されていた。

 この潜水艦の放ったソナーは、ピキューンと張りつめた高音を海に響き渡らせていたようだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292684.html

名古屋市・名東区役所で事件 生活保護担当職員が60歳代男に何度も刺され緊急搬送、現地騒然

frtr
14日午前11時半頃、名古屋市名東区上社の名東区役所内で、40歳代の男性職員が60歳代の男に背中を包丁で複数回刺された。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260520.html

玉川徹氏、高速道路で畳が直撃の過失「6:4」に納得できず 「これ0だと思いますよね」

gt
「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、高速道路を走行中のトラックに積まれた畳が落下し、後続の車両のフロントガラスに直撃した様子を、ドライブレコーダーの映像を交え報じた。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260502.html

【動画】 養鶏場でクマ大暴れ、しかし猟友会は銃を持たず手ぶら・・ あの騒動のせいで「素手で立ち向かうしかない」

gr
北海道内でクマの出没が相次いでいます。砂川市の養鶏場では小屋が荒らされる被害がありました。通常は銃を持って警戒にあたる猟友会ですが、銃なしでの対応を余儀なくされています。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260469.html

事故で母親を失くしたウォンバットの赤ちゃん、危機乗り越え元気になったよ!(オーストラリア)

孤児となったウォンバット

救出されたウォンバットの赤ちゃん image credit:crazy_wombat_lady/Instagram

 オーストラリアの首都特別地域で負傷や病気、または孤児になった在来の野生生物を救助し、リハビリを提供する非営利団体組織『ACT Wildlife』に、今年3月小さなウォンバットの赤ちゃんが搬送された。

 交通事故で死亡した母親の袋の中から救出され、一時は生存が危ぶまれるほど弱っていたウォンバットの赤ちゃんは、獣医師の治療とボランティアスタッフらの献身的な世話のおかげで危機を乗り越え、現在すくすく元気に育っており、いずれは野生に戻される予定だという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292650.html

【動画】 島根・江の川が氾濫 冠水した現地の様子

fe
14日午前9時30分、島根県の江の川下流に河川氾濫発生情報が発表された。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260461.html

EXIT兼近の父親がリフォーム工事をめぐり裁判沙汰 「自分のバックにはヤクザの不動産屋がついている」

r77
「兼近さんのような悪徳業者とは、徹底的に戦います。楽しみにしていたマイホームをズタズタにされたんですから」
そう怒りを露わにするのは、40代の主婦・Aさん・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260437.html

唐田えりか「このまま引退はない。悔しすぎる」 姉が復帰への執念を激白

88
「7月11日には映画の宣伝のため、長澤まさみと東出昌大がバラエティ番組にも出演しました。東出がドッキリを仕掛けられるという内容でしたが、番組では屈託のない笑顔も見せていました」・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10260427.html

マスクを着用したり、社会的距離を取るのが面倒?それは作業記憶が劣っているからかもしれない(米研究)

作業記憶と社会的距離の実行、マスク着用の関連性

作業記憶と社会的距離の実行、マスク着用の関連性 / Pixabay

 マスクの着用、社会的距離の実行は、ポストコロナ社会における必要不可欠なものとなった。とは言え、これまでの習慣を捨て、新たな習慣を作るのは大変だ。

 外出のたびにマスクを着用したり、他人と距離を取ったりするのは面倒で、ついおざなりになってしまうというあなた。もしかしたらそれは、作業記憶(ワーキングメモリ)が関係しているかもしれない。

 米カリフォルニア大学リバーサイド校の心理学者が『PNAS』(7月10日付)に掲載した研究によると、作業記憶が優れた人ほど、社会的距離のメリットに意識が向きやすく、それを実行し、習慣化できる傾向にあるのだそうだ。逆に言えば、作業記憶が優れていない人ほど、習慣化が難しいということになる。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292720.html