Walking On Frozen Baikal, The Deepest And Oldest Lake On Earth To Capture Its Otherworldly Beauty

According to photographer Kristina Makeeva (previously): “Baikal is impressive. It’s the deepest and the cleanest lake on Earth. When we were planning a trip, we didn’t even suspect it is so wonderful, majestic and fairy. We were raptured over its beauty so much, that we almost didn’t sleep all 3 days we were here.”

More info: Instagram (h/t: boredpanda)

“Lake Baikal is about 600km in length. The thickness of it reaches 1,5-2 meters. This ice can tolerate the vehicle of about 15 tonnes, but sometimes we saw cars that had been fallen down. Ice has different patterns in different parts of the lake. It happens because water is freezing layer by layer. Especially it is very interesting to find a fish or a branch in the ice. The ice in Baikal is the most transparent in the world! And this is true. You can see everything till the bottom: fish, green stones, plants and bluish gulf. The water in the lake is so clear, that you can see various objects on the depth of 40 meters,” Kristina Makeeva told Bored Panda.

“Baikal is also the deepest lake. The genesis and the age still provoke scientific arguments, so let’s just remember, that Baikal is the biggest reservoir of fresh water on Earth, and its depth is 1642 meters. Apart from Baikal, there are only two lakes that are deeper than 1000 meters: lake Tanganyika (1470 m) and Caspian Sea (1025 m).”

“In some parts ice is slippery like the mirror. You can shoot ideal reflections. A lot of travelers are moving about on skates, bicycles or sledge. Some of them are walking for several hundreds of kilometers and are sleeping in the tents on ice. Marvelous place. Very atmospheric.”

“Ice is cracking all the time. When the frost is very heavy, cracks divide ice on different areas. The length of these cracks is 10-30 km, and the width is 2-3 m. Cracks happen every year, approximately at the same areas of the lake. The are followed by a loud crack that reminds of thunder or gun shot. Thanks to the cracks, the fish in the lake don’t die from the lack of oxygen. Generally, ice of Baikal carries a lot of enigmas, the majority of formations provokes the interest of scientists.”

“Ice on Baikal is there till May. But in April no one drives on it. The bubbles in the ice are developed from the gas methane that is produced by algae. The only river in the world that flows from the lake is Angara that flows from Baikal. All other rivers flow into the lakes.”

“There is a legend that the Father of Baikal had 336 rivers – sons – and one daughter – Angara. All sons were flowing into Baikal to restock the water, but the daughter fell in love with Yenisei (one more river in Russia) and started to take everything from father’s water to her lover. In respond, the father Baikal threw a huge rock into his daughter and cursed her. This rock is called Shaman-Stone, and it is situated in the springhead of Angara and is considered to be it’s beginning. Baikal is the most beautiful place in the world.”















SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/dyt/~3/7tr30AYLYFY/

[ このページを翻訳 ]

ウクライナで「フォーメーションA!」的な編隊を組んだ謎の発光物体が目撃される

top


 今月初め、ウクライナのある村の上空にておよそ7つの光る未確認飛行物体が目撃され、その動画が話題になっている。

 この謎の光は突如上空に出現、編隊を組んでいるように見えたものの一部が離脱して消えるなどし、目撃した住民を不安に陥れたという。

 のちにこれは軍の訓練に関するものだという報道がなされたが、その詳細はいまだに明らかにされておらず、ネット上ではさまざまな声が上がっている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52249469.html

クロちゃんがついに壊れたと話題ww 謎の連投ツイートに憶測飛び交う

9705103
安田大サーカスのクロちゃん(40歳)が11月21日未明、Twitterに意味深……というよりも意味が分かりづらいツイートを連投。ネットをざわつかせている・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9705103.html

「ははははは、はは、ははは…」無表情に笑い続けるヨウムがちょっぴりクセになる

einstein1


 最近マランダーで鳥さんといえば、シャーマンキングなオオバタンがちょっとしたブームになっているんだけど、アレとはまた雰囲気ががらりと違う、ヨウムさんをご紹介しよう。

 今回のヨウムさん、いつぞやのオオバタンのぺブルさんのように笑い声を披露してくれているんだけど、やっぱり違うんだ、違うんだよ! どんな笑い声なのかは、動画をぽちっとしてみてほしい。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52249526.html

日馬富士騒動、飲食店関係者が明かした真相に驚き 「ビール瓶やマイクや灰皿など手あたり次第に使って殴っていた・・」

9705351
暴行があった10月26日未明に何があったのか。本誌は今回、新たに現場となった鳥取市内の飲食店店関係者から、証言を得た。この関係者によると、モンゴル力士らの一行が店に入ってきたのは、夜の2時前後だったという・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9705351.html

夢だけど夢じゃなかった!?「頭の潰れた少年」の幽霊に呪われてしまった男性の恐怖体験談がネットを震撼させる

boy0_e


 今年8月から、ツイッターで自身の恐怖体験を語り続けている男性がいる。アメリカ・ニューヨーク在住のイラストレーター、アダム・エリスさんである。

 彼は「親愛なるデイビッド」こと少年の幽霊らしきものに呪われており、このままだと呪い殺されるかもしれないという。

 もうすっかり寒い季節だしこれ以上涼しさとかぜんぜん求めていないんだけども、作り話にしてもあまりにも稲川淳二テイストなこの体験談。

 アダムさんが寝ぼけてるんじゃないの?とも思ったわけだが、なんと彼は幽霊少年デイビッドの実像まで撮影してしまったというのだ。

 夢と現実の狭間をさ迷う感覚を味わえるかもしれないアダムさんの体験談、さあ、聞いていただこうじゃないか。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52249417.html

大沢樹生、テレ朝の楽屋で突然倒れ救急車搬送されていた! 何があったのか??

9705062
「収録の当日、本番直前になっても『大沢さんが楽屋から出てこない』とスタッフがざわついていたんですが、まさかあんなことになるとは……」 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9705062.html

And so the fox fell in love with the hound (Source:…



And so the fox fell in love with the hound (Source: http://ift.tt/2zUxuKo)

SOURCE: http://awwww-cute.tumblr.com/post/167730550920

【動画】 なんだこれww 某アニメのドアの開き方がヤバいことになっとると話題に 「マイクラかww」

9705151
作画を放棄か。 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9705151.html

大好きなあの曲はどんな味がするかな?音楽をリアルタイム分析してミックスジュースを作る装置「SQUEEZE MUSIC」

music1_e


 「音楽を味わう」なんて表現があるけどもこれは音楽を味覚で味わっているという意味ではなくて、音楽を聞いたりミュージックビデオを見たりして視聴覚で楽しんでいるんだ。

 では、リアルな意味で味覚で音楽を味わうことって可能なのだろうか?

 2017年度グッドデザイン賞を受賞した「SQUEEZE MUSIC(スクイーズ・ミュージック)」は、音楽を味覚化する装置なんだそうだ。

 その曲のムードにもとづいた味のミックスジュースを作れるらしくて、あの曲はどんな味がするのか気になるってばよ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52249402.html

「半チャンラーメン」が静かに衰退している理由とは?

9705133
ラーメンを食べたいがチャーハンも食べたい。2つ頼むのもやりすぎだな――。そんなときにうれしいのが、ラーメンと半(分の)チャーハンがセットになった「半チャンラーメン」だ。安くてお腹いっぱいになれるサラリーマンや学生の味方。その半チャンラーメンが静かに衰退している・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9705133.html