Walking On Frozen Baikal, The Deepest And Oldest Lake On Earth To Capture Its Otherworldly Beauty

According to photographer Kristina Makeeva (previously): “Baikal is impressive. It’s the deepest and the cleanest lake on Earth. When we were planning a trip, we didn’t even suspect it is so wonderful, majestic and fairy. We were raptured over its beauty so much, that we almost didn’t sleep all 3 days we were here.”

More info: Instagram (h/t: boredpanda)

“Lake Baikal is about 600km in length. The thickness of it reaches 1,5-2 meters. This ice can tolerate the vehicle of about 15 tonnes, but sometimes we saw cars that had been fallen down. Ice has different patterns in different parts of the lake. It happens because water is freezing layer by layer. Especially it is very interesting to find a fish or a branch in the ice. The ice in Baikal is the most transparent in the world! And this is true. You can see everything till the bottom: fish, green stones, plants and bluish gulf. The water in the lake is so clear, that you can see various objects on the depth of 40 meters,” Kristina Makeeva told Bored Panda.

“Baikal is also the deepest lake. The genesis and the age still provoke scientific arguments, so let’s just remember, that Baikal is the biggest reservoir of fresh water on Earth, and its depth is 1642 meters. Apart from Baikal, there are only two lakes that are deeper than 1000 meters: lake Tanganyika (1470 m) and Caspian Sea (1025 m).”

“In some parts ice is slippery like the mirror. You can shoot ideal reflections. A lot of travelers are moving about on skates, bicycles or sledge. Some of them are walking for several hundreds of kilometers and are sleeping in the tents on ice. Marvelous place. Very atmospheric.”

“Ice is cracking all the time. When the frost is very heavy, cracks divide ice on different areas. The length of these cracks is 10-30 km, and the width is 2-3 m. Cracks happen every year, approximately at the same areas of the lake. The are followed by a loud crack that reminds of thunder or gun shot. Thanks to the cracks, the fish in the lake don’t die from the lack of oxygen. Generally, ice of Baikal carries a lot of enigmas, the majority of formations provokes the interest of scientists.”

“Ice on Baikal is there till May. But in April no one drives on it. The bubbles in the ice are developed from the gas methane that is produced by algae. The only river in the world that flows from the lake is Angara that flows from Baikal. All other rivers flow into the lakes.”

“There is a legend that the Father of Baikal had 336 rivers – sons – and one daughter – Angara. All sons were flowing into Baikal to restock the water, but the daughter fell in love with Yenisei (one more river in Russia) and started to take everything from father’s water to her lover. In respond, the father Baikal threw a huge rock into his daughter and cursed her. This rock is called Shaman-Stone, and it is situated in the springhead of Angara and is considered to be it’s beginning. Baikal is the most beautiful place in the world.”















SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/dyt/~3/7tr30AYLYFY/

[ このページを翻訳 ]

セレブ混入。ラーメンに著名人を入れるという雑コラが流行ってるらしい

名称未設定-1


 元々は中華料理だったが、日本でさらなる進化を遂げ、「日本人の国民食」と呼ばれるほど人気の食べ物「ラーメン(RAMEN)」。

 今やそのラーメンは世界各国で愛されフードとなっている。ラーメンには様々な具材がトッピングされているわけだが、じゃあセレブとかどう?ってんで、ラーメンにセレブ混入した雑コラ、有名人をラーメンの中に入れてみた(celebrities_in_ramen)が爆誕したようだ。

 ラーメン好きならラーメンの汁に溺れてみるのも悪くない。なので混入されたセレブたちも一部は本望なのだろう。きっとそう。

 いいお出汁が出てるよ出てるよ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52244301.html

デーブ・スペクター「日本のテレビは2年間ドラマ制作をやめよ」「演技レベルは先進国のなかでも最悪」

9635325
下手な役者に薄っぺらい脚本、ベタな演出、そして、プロダクションへの忖度――。日本のドラマ業界が抱える数多の問題点を、各局の情報番組でコメンテーターを務めるデーブ・スペクター氏が敢えて喝破する・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9635325.html

あのデロリアンがいよいよ現実にテイクオフ!?デロリアンの開発者の甥が空飛ぶ車「DR-7」が鋭意開発中

1_e21


 2015年には間に合わなかったが、あのデロリアンがいよいよ現実にテイクオフしそうだ。

 大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作のPART2で、ドク・ブラウンとマーティは2015年の未来を訪ねることになっている。そこで原子炉つきのデロリアンを得て、タイムトラベルの旅に出る。

 現在、オリジナルのデロリアンの開発者の甥が、DR-7という空飛ぶ車を設計していて、このフィクションを本当に現実のものにしようとしている。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52244514.html

あのデロリアンがいよいよ現実にテイクオフ!?デロリアンの開発者の甥が空飛ぶ車「DR-7」が鋭意開発中

1_e21


 2015年には間に合わなかったが、あのデロリアンがいよいよ現実にテイクオフしそうだ。

 大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作のPART2で、ドク・ブラウンとマーティは2015年の未来を訪ねることになっている。そこで原子炉つきのデロリアンを得て、タイムトラベルの旅に出る。

 現在、オリジナルのデロリアンの開発者の甥が、DR-7という空飛ぶ車を設計していて、このフィクションを本当に現実のものにしようとしている。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52244514.html

ノンスタ井上、福山雅治の真似に苦情殺到で炎上ww

9635299
NON STYLEの井上裕介(37歳)が8月20日、自身のInstagramで、俳優・歌手の福山雅治(48歳)のマネを披露。“苦情”が相次ぎ寄せられている・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9635299.html

The fearsome Ocelot (Source: http://ift.tt/2vVauGw)



The fearsome Ocelot (Source: http://ift.tt/2vVauGw)

SOURCE: http://awwww-cute.tumblr.com/post/164436410122

いったいなぜ?室内なのにヘルメットをかぶったまま働かなければならないオフィス(インド)

office_e


 さて、ここで問題だ。インドのとあるオフィスでは、室内にもかかわらず職員が全員ヘルメットをかぶっている。いったいなぜなのだろうか?

 バイク便のオフィスかって?いや違う。ついでに言うなら銀行強盗を計画しているわけでもない。

 このオフィスは行政機関の事務所なのだ。それならテロや暴動対策なのかというと、そういうわけでもないのだな。

 実はこれにはこんな理由が隠されていた。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52244055.html

松本人志「筋トレしてたら高齢者にうるさいと怒られて腹が立った」が物議ww どちらが悪いのか??

9635306
「視聴者が取り上げてほしいニュース」のコーナーで、45歳女性から「飲食店などでシニア世代の客が若い店員に横柄な態度をとることがよくあるという話題を耳にしました。いくら年上でも横柄な態度はどうかと思います。皆さんはどう思いますか?」という意見が寄せられた・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9635306.html

Nosey neighbor (Source: http://ift.tt/2uVZADd)



Nosey neighbor (Source: http://ift.tt/2uVZADd)

SOURCE: http://awwww-cute.tumblr.com/post/164431045433

【動画】 出発が遅れた飛行機、たまたま乗っていた「あの大物歌手」が歌のサプライズww

9635070
大空と大地の中で。 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9635070.html