Winners & Merit Awards Of AAP Magazine’s B&W Photography Contest

Here are the 25 talented photographers who won the “AAP Magazine Black and White Photography Contest.

These amazing photographers come from 13 different countries, their work reflects their personal aesthetic and unique approach to black and white photography. It was wonderful to discover so many great works and compelling pictures. Clearly black and white photography continues to hold a prominent place in our hearts and imaginations!

The top 3 winners will be awarded $1,000.

1st Place Winner ($500 Cash Prize) – Donald Graham – Foxy, Los Angeles, California

Featured in my new book, “Donald Graham: One Of A Kind”, published by Hatje Cantz, April 2021.

More: AAP Magazine, Instagram, Facebook h/t: 121clicks

2nd Place Winner ($300 Cash Prize) – Angelika Kollin – You are my mother

This project is the exploration into the deep seeking for intimacy, for sense of belonging, for being loved and being able to love back. A primordial human desire for safety and acceptance, that starts during our childhood years and shapes the way we live our lives as adults.

3rd Place Winner ($200 Cash Prize) – Andrea Borgarello – “Notes on Migration” – Which is the plan for “l’Aventure” or the “Backway”?

“They never say «you leave tomorrow» you will never know that. For the clandestine departure, from the beginning until the end, it is on the same day.” “When they say” today we are moving to Italy “, everyone gets at ease. And when we went out, around 5 pm, we gave … everything you had to our friends. Everyone started sharing clothes.” Picture / Senegal, 2017.

Merit Award – Erberto Zani, Switzerland – Exodus

Portrait of an orphan. Until now, more than 300.000 children are victims of violence.

Merit Award – Peter Eleveld, Netherlands – Still Live with Glass

Shot was taken with old an WetPlate camera on glass, collodion process.

Merit Award – Eric Elmore, United States – Say their names

“I CAN’T BREATHE” became an anthem at the numerous BLACK LIVES MATTER protests in Phoenix, AZ.

Merit Award – Klaus Lenzen, Germany – Construction Art I

Art in everyday life – this is also to be discovered on construction sites.

Merit Award – Emmanuelle Becker, France – Flat Iron under renovation

There is beauty in mystery and mystery in beauty. In my work, I am interested in a mysterious and dreamlike treatment of architecture. I represent the urban landscape with expressionistic chiaroscuro to create an existential atmosphere in which man is absent. Odd angles and points of view add to the cinematic drama of the image.

Merit Award – Pierre Delaunay, France – Day of glory

Merit Award – Ingetje Tadros, New Zealand – Wondering what the day will bring

Amanda Lewis lays on the couch in Esther’s house in Kennedy Hill wondering what the day will bring. The word is that Kennedy Hill will slowly but surely be completely demolished. It is now seven dwellings left. When all the dwellings are gone, where will all the people moved on by the Mallingbar Aboriginal Corporation go? The land may either be sold or in some sort of joint venture developed. Broome, Western Australia.

Merit Award – Alexej Sachov, Ukraine – Inside the wave. The storm is coming.

Merit Award – Emmanuel Monzon, United States – URBAN SPRAWL, EMPTINESS- About the night

When I am working on a black & white series, what is important for me is that the color black must be truly black and that the color white must be truly white. To be more precise, the black and white play important roles in photography, and I use them to create the atmosphere that I desire. I mostly do black and white photos during the night, because I think the black and white contrast more during the night. Generally, it is in these conditions that a unique atmosphere can be created.

Merit Award – David Dhaen, Belgium – The gatekeeper

This is a portrait of a priest, guarding one of the gates of Lalibela, Ethiopia. He was really smiling when i took his picture and showed him.

Merit Award – Terése Conway, United States – Holding the Line

Inspired by the textural quality of collodion wet plate images, my goal with this series was to capture the landscape of Carmel Valley in a timeless way.

Merit Award – Ivan Ferrer, Israel – Working Mother

A working mother waits for her child to finish work.

Merit Award – Tuan Nguyen Tan, Vietnam – Children playing on Nam Cuong sand hill

Merit Award – Tatiana Ilina, United States

Merit Award – Jon Wollenhaupt, United States – Man With Cigar

Mourning in the Treme: Documenting a Second Line Funeral Procession, New Orleans. A second line is an element of a jazz funeral procession that is composed of two parts: The main or “first line” that comprises the parade leader, the brass band and the krewe or club with which the band is affiliated, and members of the funeral party. The second line is made up of spectators—friends of the deceased, neighbors, and even tourist—who follow the main line dancing and reveling in the moving spectacle.

Merit Award – Dirk Roseport, Belgium – CLOSER TO THE GODS – GLACIER #2

Closer tot he gods explores the places where we, as humanity, feel small. Where nature impresses us and looks like it could crush us at any moment. It is in our vulnerability that we admire what nature offers us. At no cost, free, for all to see and experience. I see it as important to record these gifts and show them to those who cannot be there.

Michael Ruggiero, United States – Tunnel Vision – Yankee Stadium, New York City

From the Series: Anonymous Citizens.

Merit Award – Ari Jaaksi, Finland – Ice Fishing

Frozen lake. Minus 20 degrees Celcius. Nothing moves. No sound. Ice fishing is a form of meditation where catching fish is not the main purpose. Shot with a Rolleiflex 2.8F camera on Kodak Tmax 100 film in January 2021, in Tampere, Finland.

Merit Award – Joseph-Philippe Bevillard, Ireland – Boy with Striped Shirt, Galway, Ireland 2017

Irish Traveller Boy with striped shirt at a horse far.

Merit Award – Jacque Rupp, United States – Agnes

Agnes drove her 3 young children across the country at the beginning of the war. No interstates, no maps … just sheer determination to protect her children and bring them to a safer place. The is an image from my “Outliers” project which explores the strong women in my life and the tension that exists between their adventurous spirit and lonely isolation. They pushed the boundaries, paved the way but at a price. I combined family photographs and family to bring their stories to life.

Merit Award – Stephen Hoffman, United States – Getting ready

I spent a lot of time photographing Melinda . Here she getting ready to attend Sunday morning church services. She has serious drug problems but she is constantly trying to get herself clean and sober.

Merit Award – Jefferson Caine Lankford, United States

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/07/winners-merit-awards-of-aap-magazines-bw-photography-contest/

[ このページを翻訳 ]

気温50度の猛暑を克服する為、ドローンで人工雨を降らせたドバイ。効きすぎて大雨警報発令

猛暑のドバイ、ドローンで人工雨。効きすぎて大雨警報発令
 日本でも連日猛暑が続くが、アラブ首長国連邦(UAE)は50度もの超猛暑に見舞われており、その上雨がほとんど降らない過酷な状況にある。

 そこで登場したのが、ドローンを利用した人工降雨だ。その効果はテキメンで、人工雨が作られたドバイの一部地域では効きすぎて警報まで発令されてしまったようだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304318.html

攻撃性を抑制する効果があると世界の刑務所で採用されているピンク色の独房。受刑者は「屈辱的」と不満の声

no title

Youtube / Atlas Obscura

 色が、私たちの気分に大きな影響を与えることは周知の事実だ。例えば、赤色は食欲を刺激する効果があるため飲食店に使用されたり、青色は生産性が上がるためオフィスなどに使用される(関連記事)。

 では、ピンク色はどうだろう?この色は心理的に人に安らぎや幸福をもたらす色とされている。

 専門家によると、ピンク色が受刑者たちの攻撃を抑制する効果があるとして、スイスやドイツ、アメリカなど複数の国の刑務所内の独房の壁などがピンク色に塗られているという。だが、受刑者らには不評のようだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52278634.html

7月の満月は今日!月に一度は夜空を見上げて宇宙を感じよう

2021年7月24日は満月
 満月情報の時間です。カラパイアの満月情報を見て、ああ、今日は満月か?と空を見上げてくれる人が一人でもいてくれたらとてもうれしいのだ。

 毎日下を向いて歩いている人も、家の中にこもっている人も、一年のほとんど月のことなんか忘れている人も、満月の時だけは、何時も地球のそばで見守ってくれていてありがとうと、感謝の気持ちを投げかけるのもいいじゃない。それってもしかして、メンタルヘルスが向上するかもしれないじゃない。

 本日7月24日、午前11時37分に月は満ちる。

 幸い天候にも恵まれる地域が多いので、日が沈むころにはまん丸のお月様を見られそうだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304330.html

難病で歩けなかった少女が犬と出会う。愛という名の絆が奇跡を起こすまでの物語

1人の少女が大きな犬と出会い奇跡を起こすまでの物語
 生まれつきの難病を抱え歩くこともできなかった少女が、犬と出会った。ジョージという名のグレート・デーンは少女の3倍もある大きな犬だが、その愛情も大きかった。

 ジョージは少女の脚代わりとなり、歩行のお手伝いをしていたのだが、2人の間に芽生えた愛と言う名の絆はいつしか軌跡を起こした。

 少女は1人で歩くことができるようになった。ついには自転車に乗れるようにもなったのだ。現在は水泳を学べるようになったという。

 これは、歩くことをあきらめなかった小さな少女と、少女を支え続けることに使命を見出した大きな犬が幸せを紡いでいく物語である。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304249.html

人種差別の懸念から「アジア鯉」の名前が変更になる可能性(アメリカ)

アジア鯉(アジアゴイ)の名前が人種差別的だとして名称の変更を検討するミネソタ州
 最近アメリカでは、新型コロナウイルスの影響からか、アジアに対する「ヘイトクライム」が急増しているが、その問題が鯉にまで発展しているようだ。

 アメリカ国内で、アジア鯉(アジアンカープ:Asian Carp)は外来種であり防除対象となっている。その外見も良く思われていないことから、ネガティブなイメージが「アジア」という特定の人種を想起させる言葉と結びつくとして、アジア系コミュニティが鯉の名称の変更を強く求めていた。

 そこでミネソタ州では、2014年、公文書に「アジア鯉」と表記することを禁止し、代わりに「侵略鯉(インベイシブカープ:invasive carp)」と明記すること決定された。

 ところが近年の人種差別問題が懸念され「侵略鯉」という名前すらも不適切であるとして、全米で更なる名称の変更が検討中であることが報じられた。
続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304277.html

ノアの箱舟計画!

本日も最新おもしろニュース!

月にノアの箱舟建設を、地球滅亡に備えて670万種の生命を保管


続きをみる

SOURCE: https://note.com/team_building/n/n088a68f63874

子だくさんのリカオンはどのように子供たちに餌を分け与えているのか?その瞬間をとらえた貴重な映像

リカオンが子供たちに餌を与える貴重な映像
 アフリカを代表するイヌ科の動物「リカオン」はゾウやキリン、ライオンなどに比べて知名度は低いが高度な社会性と身体能力を持つ魅力的な生き物だ。

 リカオンは複数のオスと複数のメス、その子供たちで「パック」と呼ばれる群れをつくり、オスとメスが共同で協力しあって餌をとったり子育てをする。

 この映像は大人のリカオンが狩りをして、捕ってきた獲物を子供たちに分け与えるところを撮影したものだ。獲物を口にくわえて持ってくるわけじゃない。独特の方法で持ち帰って来るのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304298.html

子だくさんのリカオンはどのように子供たちに餌を分け与えているのか?その瞬間をとらえた貴重な映像

リカオンが子供たちに餌を与える貴重な映像
 アフリカを代表するイヌ科の動物「リカオン」はゾウやキリン、ライオンなどに比べて知名度は低いが高度な社会性と身体能力を持つ魅力的な生き物だ。

 リカオンは複数のオスと複数のメス、その子供たちで「パック」と呼ばれる群れをつくり、オスとメスが共同で協力しあって餌をとったり子育てをする。

 この映像は大人のリカオンが狩りをして、捕ってきた獲物を子供たちに分け与えるところを撮影したものだ。獲物を口にくわえて持ってくるわけじゃない。独特の方法で持ち帰って来るのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304298.html

James Blake – Say What You Will (Official Video)



James Blake - Say What You Will (Official Video)

SOURCE: http://motioncollector.com/post/657504589200916480

「ごめんね、もう手遅れなの」コロナ感染し重症になった若者が最後に医師に懇願すること「今からワクチンを打ってください」

コロナを信じていなかった若者、重症になると「ワクチンを接種してください」と医師に懇願
 アメリカでは、インドで見つかったデルタ変異株により、コロナ感染者数が再び増加中だ。そんな中、アラバマ州の病院に勤める女性医師が治療に当たっている重症の感染者たちとのやり取りをFacebookに投稿し注目を集めた。

 アラバマ州では、ワクチン接種者の割合が国内で最も低く、若い世代の感染者が急増している。その背景にはコロナやワクチンに対する誤った噂を信じ込んでいる人が多いことも関係しているという。

 その医師が受け持った若い患者たちも、コロナはただの風邪だと思い込み、ワクチン接種を拒んでいた。ところが実際にコロナ感染し、重篤な症状に陥り気管挿管をする直前に、決まって言う言葉があるという。「お願いです、ワクチンを接種してください」

 だが医師がその願いは叶えてあげることはできない。今更ワクチンを打ったところでもう手遅れなのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304299.html