Winners Of The Emerging Talent Award By The Independent Photographer

Here are the top 10 photographs of the Emerging Talent Award photo contest by The Independent Photographer.

The Emerging Talent Award is designed to bring exposure and discover the best upcoming photographers of all ages, backgrounds and working in all photographic fields. Fine art, landscape, street, documentary, portrait, still life: There were no boundaries and we wanted you to release your creativity in as many inventive ways as you could imagine!

1st Prize: Junko Akita

“The child in a cabin window with the reflection of the magnificent Norwegian landscape beyond is a gorgeous metaphor for both childhood and identity. Beyond the extraordinary light and composition, the gaze and expression captured here at once combine innocence and strength. Locking eyes with this girl through her sister, the photographer, is a powerful experience and a privilege.” – MaryAnne Golon, the Competition Judge.

More: The Independent Photographer, Instagram, Facebook h/t: 121clicks

2nd Prize: Sirli Raitma

“This series of Eha, an older person suffering from depression, is sublime. This particular portrait, with the modern device and clothing adorning a regal white-haired woman, is a profound statement regarding technology and aging. The soft lighting and curls against the alien devices and red lips are truly haunting. The creativity and love that created this series through the artist is a wonderous experience and memorable feat.” – MaryAnne Golon.

3rd Prize: Matthew Bagley

“Mathew Bagely’s subaquatic portrayal of a sea lion is truly astonishing, a somewhat surreal, and deeply cogitative image that effectively articulates the rare poignancy of the moment. Profoundly moving, it perfectly expresses Bagely’s intense appreciation of his subject, whilst engendering the same sense of joy and awe, as all great depictions of the natural world.” – The Independent Photographer Editors.

Finalist – Fleur Louwe

Finalist – Kaka Ivancic

Finalist – Julia Fullerton-Batten

Finalist – Alessandro Malaguti

Finalist – Boyang Hu

Finalist – Conard Golovac

Finalist – Joseph-Philippe Bevillard

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/winners-of-the-emerging-talent-award-by-the-independent-photographer/

[ このページを翻訳 ]

未来は今だ!

未来を想像するとワクワクしますね。
ボクが面白いと感じた記事を記載します。
皆様、いつも貴重な情報発信をありがとうございます。
↓↓↓



続きをみる

SOURCE: https://note.com/team_building/n/ncf381b44d821

宇宙でチリペッパーを栽培!?

本日も最新宇宙ニュース!

NASA、国際宇宙ステーションでチリペッパーを栽培…長期ミッションでの食料確保に向けて


続きをみる

SOURCE: https://note.com/team_building/n/n65836d587b7c

ハスキーは撫でられたい。腹だし足ドンで飼い主に催促しまくる態度

ハスキーが撫でられたい時の態度
 みんな違ってみんな個性豊かなのが動物たちだ。このハスキーの場合、飼い主が近くにいるときは、常に体のどこかを触ってほしいシステム。

 それはどこでも良いらしくて、この距離感だと足が一番身近だったようだ。ソファに足ドンし、飼い主の気をひいてその足を撫でてもらう。

 でもって飼い主が撫でるのを止めると... 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304384.html

Caroline Polachek – Bunny Is a Rider (OFFICIAL MUSIC VIDEO)



Caroline Polachek - Bunny Is a Rider (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

SOURCE: http://motioncollector.com/post/657866991572500480

神の使いか?5本角の羊がイスラム教の祭日の前夜、市場に現れる

5本角の羊が市場に登場
 イスラム教の祭日「イード・アル=アドハー」準備の為、ナイジェリア、ラゴスで開かれた市場で、多くの買い物客の注目を集めていたのは、5本の角をもつオスの羊だ。

 まるで王冠を被って見えることから、自由の女神を連想する人や、予言者アブラハムの息子、スマーイールの生まれ変わりを信じる者もいた。

  続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304362.html

獣医のもとにシニア猫が運ばれてきた。安楽死を選びたくなかった獣医さん、そのまま飼い主へ立候補

dropped41
image credit:Reddit
 動物にやさしく詳しい獣医さんのもとには、自然と様々な問題が寄せられる。どうやら海外でもそれは例外ではないらしい。海外掲示板Redditにて、老猫を保護した獣医さんが写真を投稿して注目を集めていたよ。

続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304421.html

もしも月と地球の距離が半分になったらどうなってしまうのか?起こりうる5つのこと

月と地球の距離が半分縮まると何が起きる?
 地球の衛星である月がどのように形成されたかは諸説ある。例えば、ジャイアント・インパクト説では、今から46億年ほど前、「テイア」と呼ばれる火星くらいの原始惑星が地球に衝突し、飛び散った欠片から月が誕生したと説明されている。

 誕生からまもない月と地球の距離は、今の16分の1しかなかった。だが月は徐々に遠ざかり、現在の位置にたどり着いた。

 もしも、だ。何らかの原因によって月がグッと地球に近づいたとしたらどうなるだろうか? 例えば今の半分くらいにまで接近したら何が起きるのだろうか? 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304405.html

「神に車の運転を託した」信号無視し暴走事故を起こした女性の供述

「神に運転を託した」暴走事故を起こした女性の供述
 先月半ば、アメリカで時速約193キロものスピードを出した車が赤信号を無視して交差点を直進、すでに進入していた車をためらいもなく破壊して通過していく事件が起きた。

 まるでコントロールを失ったかのように減速もせず、衝撃のスピンも放置で道路を滑る車。その運転席にいた女性の奇妙な供述が物議をかもしている。

 後に捕まった女性は、信じがたいことに助手席に自分の子どもを同乗させていた。

 それだけでも十分ショックだが、なんと彼女は動機について「神への信仰を試す」ためだと警察に告白。わざとハンドルから手を放して「神に車の運転を託した」と述べたのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304397.html

未来の水族館はこうなる!?本物そっくりのアニマトロニクスのイルカが登場!

本物そっくりのアニマトロニクスのイルカが水族館で泳ぐ
 近年、動物の権利を守る動きが活発になってきている。同じ生きとし生けるものとして、動物の福祉を重視し、尊厳のある生き方をさせてあげようというのがその狙いだ。

 既にヨーロッパでは20か国ほどが、サーカスで生きた動物を使用するのを制限もしくは禁止にしているが、水族館やテーマパークで野生生物を飼育し繁殖させることにも反発の声があがっている。

 そういった動きの中、アメリカ、カリフォルニア州にある企業は、アニマトロニクスで本物そっくりのイルカを開発。いつの日か、水族館には本物の生き物に代わって、全てが本物そっくりのアニマトロニクスとなる時代がくるのかもしれない。『The Brighter Side Of News』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304223.html

LEGENDE AUTOMOBILES TURBO 3



The Renault 5 Turbo is one of the most exciting cars ever produced, a true icon from the rallying in the 1980s. The legendary Renault rally car, is now reborn as the Turbo 3, a stunning combination of retro design with modern technology. Developed by Los Angeles-based Legende Automobiles, the stunning restomod is equipped with a turbocharged four-cylinder engine that produces more than 400 horsepower and plenty of torque. And just like the legendary rally machine, it will come with an old-school manual gearbox and none of that sequential paddle nonsense. It also features a hand-built body made almost entirely from carbon fiber, that gives the car a wider, more aggressive stance, a set of LED headlights, bespoke air curtains, an extended rear wing, and a two-piece diffuser that houses a set of square tailpipes. The interior has a clean and modern look with a digital instrument cluster and dual climate controls, plus a full roll cage, and bucket seats. Legende has yet to reveal the price or build quantities, but we are giving this beauty restomod our seal of approval.

Also check out these restomods of the legendary Lancia 037, and iconic Audi Quattro

SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/BlessThisStuff/~3/51b_ULc-ikg/