Wolseley-Vickers “Wheel-Cum-Track” Car, 1926

If you’ve ever gotten a car stuck in the mud, snow, or any other kind of slippery surface, then you have an idea of how helpful having tank-style tracks can be in specific scenarios. Obviously, though, there are disadvantages to driving a tank around city streets, but that’s a problem that Wolseley-Vickers attempted to solve with its “Wheel-Cum-Track” car all the way back in 1926.

h/t: vintag.es, thedrive

Equipped with both tracks and regular wheels, the vehicle could be driven around like a traditional car or it could lower its tracks to tackle tougher terrain like a tank. It’s called the Wolseley-Vickers because it’s actually based on a regular Wolseley car, with Vickers adding the track system later on. That being said, it’s not a very aesthetically pleasing combination, to say the least.

Being built in 1926, there’s not much information readily available about it, but we do know it was likely being evaluated for use as a sort of all-terrain staff car. Records from the British Imperial War Museum seem to indicate that the car was tested in trials to determine its capability against a number of other similar vehicles, including offerings from Citroën and different British manufacturers along with Vickers.

Although images of the vehicle in the open-top cabriolet configuration are not available from the British Imperial War Museum, it does have photos of the vehicle in a different configuration. Seeming more tank than staff car this time around, this armored-up version of the vehicle apparently could travel 15 miles per hour on tracks, or 25 on its wheels. Clearly, the added mechanical complexity wasn’t really worth just ten miles per hour.

In the end, one can assume that the need for such a vehicle was satisfied by less-complicated contraptions like half-tracks and smaller, faster tanks. However, the Wolseley-Vickers “Wheel-Cum-Track” car is still an interesting vehicle, and indeed one that was likely as cool to drive as it was complex. It certainly has a unique aesthetic, to say the least.

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/04/wolseley-vickers-wheel-cum-track-car-1926/

[ このページを翻訳 ]

【画像】 ウーバー配達員また暴行トラブル 「裏こいおまえ」 店員から威圧され警察沙汰に

fg
飲食宅配代行サービス「Uber Eats」配達員が、4月17日のツイッターでピックアップ先の大手ラーメン店で暴行を受けたことを告発した。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10380568.html

一部が猿で一部が人間。サルとヒトを融合したキメラ胚を生み出し、19日間成長させることに成功

サルと人間が融合したキメラ胚が誕生


 臓器移植などの医療に役立てるため、人間と動物のキメラを作成する試みが行われている。たとえば過去にはブタヒツジに人間の幹細胞を混ぜたキメラ胚が作られた。

 だが、そうしたキメラ胚はあまり長く生きられない。アメリカ、ソーク研究所のファン・カルロス・イスピスア・ベルモンテ教授によれば、そうした動物が進化的に人間とそれほど近くはないからだという。

 だが、自然界を見渡せばもっと人間に近い存在がいる。霊長類だ。

 『Cell』(4月15日付)に掲載された研究によれば、今回サルの胚に人間の幹細胞を注入し、それを19日間成長させることに成功したそうだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301243.html

【画像】 座間市の国道246号・西原交差点でバイクと車の衝突事故 倒れている被害者が激写される 一帯封鎖で渋滞発生

dfh8
神奈川県座間市、西原交差点。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10380731.html

EXILE関口メンディー、西野亮廣のセミナーに参加して洗脳状態に ⇒ ブログの内容にファン阿鼻叫喚

njkj
めんでぃー事になったな。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10380694.html

鎮まれ…俺の右手…!中二病を発症した猫のフィギュアがカプセルトイに登場「厨二猫(ちゅうにびょう)」

中二病の猫がフィギュアとなった「厨二猫(ちゅうにびょう)」カプセルトイ

creditバンダイ公式サイト

 中学校2年あたりの記憶は黒歴史ゆえに闇に封印していたはずだが、おかしいな、ゴルゴ13のごとく、決して背中を人に見せないように壁を伝い歩きし、隙あらばかめはめ波を放つ練習をしていたあの時のことが蘇ってきちまったぜ。

 てことで私はがっちり免疫もっているのだが、猫にも発症するらしい。「中二病」とやらが。「厨二猫(ちゅうにびょう)」な猫たちは、あの甘酸っぱい思春期の自意識過剰な思い込みと妄想の世界を余すところなく思い出させてくれる。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301246.html

伊是名夏子さん、相次ぐ誹謗中傷に嘆き 「ネット集団リンチ。私が関わっている大事な方々にも、私にも、嫌がらせするのはやめて」

g67
「ネット集団リンチ」だと心情吐露。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10380588.html

文化庁長官 「誰とは言わないが、へたくそな歌を歌ってコンピューターで音を合わせて発売する」 ← 誰のことなの??

hmm
今年度から文化庁長官に就任した作曲家の都倉俊一氏(72)が16日、文化庁で報道陣の取材に応じ、日本のポップカルチャーを世界的にすることを目標に掲げた。新型コロナ禍で窮地に立っている文化芸術の救済を仕事始めにすることも明らかにした。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10380673.html

スーパーバグキラー。薬物耐性菌を破壊するナノコーティング素材が開発される

薬物耐性菌(スーパーバグ)を物理攻撃で破壊するナノコーティング技術が開発される

photo by iStock

 抗生物質が効かない「薬物耐性菌(スーパーバグ)」の出現は、現代医療が直面する大きな脅威だ。

 現時点ですら、耐性菌による死者は毎年70万人以上いる。世界保健機関(WHO)によると、もしこれを克服することができなければ、2050年までには1000万人が耐性菌によって命を落とすようになると予測されている。

 その切り札として、オーストラリア、RMIT大学のグループが新兵器を開発した。もともとは次世代電子機器の分野で注目されてきた極薄の二次元素材を素材をナノコーティングすることで、耐性菌の細胞を物理的に切り裂くのだ。しかも人体には無害であるという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301220.html

【動画】 高級メダカが盗まれる瞬間動画が公開 ⇒ これは店も悪いのでは?との声

gtyu
兵庫県たつの市にある“無人”のメダカ販売所にやってきた男。備え付けの網を使ってメダカをすくい取り、持参した袋へ入れますが、男は料金を支払わず、その場を立ち去ります。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10380653.html

【画像】 全国同時「ノーマスクピクニックデー」が開催決定! ← テロ予告だと衝撃走る

tghu
バイオテロ。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10380614.html